ポケモントレーナーの現実。

ポケモントレーナーの現実。

ポケットモンスター ムーン

ポケモントレーナーとはこの世で一番身勝手で邪悪な存在であり、罪のないポケモンを動けなくなるほど弱らせてポンスターボールを投げて捕まえている。

なぜこのような邪悪なポケモントレーナーが大量に出現している状態になっているのか?

★ポケモンはげんきのかけら、げんきの塊さえ使えば、ひん死の状態からでもすぐに元気になるから。
ポケモンの世界ではどんなに弱ったポケモンでもげんきのかけら、げんきの塊を使えば、何ごともなかったかのように戦闘で負ったけがや傷が一瞬で治り、ひん死の状態からもいとも簡単に抜け出し元気になる。
★ポケモンは寿命がない。
ポケモンの寿命はない。現にサトシのピカチュウはネズミなので2年ほどで寿命が尽きるはずなのにいまだに生きている。

★ポケモンをモンスターボールにいれないとポケモンが言うことを聞かない仕組みがある。
モンスターボールにはどんなポケモンでもポケモントレーナーの言うことを聞くようにモンスターボールに入ったポケモンには脳に洗脳チップが強制的に埋め込まれる仕組みがある。

★ポケモンを捕まえないといけない理由がある。

ポケモンはカミナリをそこらじゅうに落としたり、波乗りで津波をおこしたり、火炎放射で火事を起こすなど、自然災害を引き起こしているので、自然災害を減らすためにポケモンを何としてでも捕まえなければいけない。

★ポケモンをなぜ戦わせるか。

ポケモンは戦闘で勝利し続けてレベルアップすると進化する。進化すると強力な電撃や火炎放射や水鉄砲が打てるようになる。人間世界では水不足、電気不足がよく起きている。そのような事態を防ぐためにもポケモンの強力な技を利用してエネルギー問題、水不足問題を解決しようとしているのだ。

★ポケモントレーナーはポケモンを捕まえて売ることを仕事にしている。

ポケモンを従えていない一般人からしたら火炎放射を吐いたり、強力な電撃を放つポケモンは恐怖でしかない。その恐怖を取り除くために、ポケモントレーナーたちは野生のポケモンを捕獲している。捕獲したポケモンにはモンスターボールを通じて洗脳チップが脳に埋め込まれるので、捕獲したポケモンは人間に危害を加えることもなくなり、従順なるしもべとなるのだ。しもべになりさえすれば、ポケモンも恐怖の対象から、自分の言うことをなんでも聞いてくれる存在になってくれる。

モンスターボールに入り、なんでも言うことを聞いてくれて、人間の役に立つ存在になったポケモンは、人間たちからしたら安い労働力として重宝をされているため、高値で取引されている。
上記の流れがあるため、ポケモントレーナーという職業が世の中で確立されているのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク