アニメサイトを作るのがお勧めな理由について書いていく。

アニメサイトを作るのがお勧めな理由について書いていく。

HUNTER×HUNTER 33 (ジャンプコミックス)

キャットフード、FX、水素水、クレジットカードなど高額案件アフィリエイトをやれば儲かるよという言葉をきくとついつい特化サイトをやりたくなるが、上記のサイトはアフィリエイトのプロフェッショナルの人たちが参入しているので一筋縄にいかないことが多い。一筋縄に行かないどころが検索順位が上がらなくて1円も儲からずに何のためにサイトをつくったんだろうかと思うことだってあり得る。

だったらアニメサイトみたいに、アドセンス、アマゾンくらいでしか収益化できない、プロアフィリエイターが参入してこない穴場をねらいに行くべき。アニメはライバルで強いサイトといえば、ピクシブとwikipediaくらいしかないので本当にスカスカ。

しかもスカスカなわりにアニメキーワードで検索する人は結構いるのでアクセスは結構集まるし、クリック型広告ならそれなりの利益がでる。それでも特化サイトに比べたら少ないもので、2万から3万がいいところですが。でも三万のサイトを10個作れば月収30万ですし、特化と違ってライバルが少ないのでサイトを作って記事を量産すれば確実に稼げるのがアニメサイトなので、個人的にはお勧めします。

特化サイトの競合はやばい。。

水素水とかキャットフードのキーワードを見ていると1位100位までアフィサイトに占領されており、まさに戦国時代。これは素人が参入したところでプロアフィリエイターに蹴散らされるだけなので、プロがあまり参入していない分野を見つけたほうがシロウトアフィリエイターは利益が出しやすいんじゃないのかなと。。

みんなサイトを作る前は俺はできる人間だから稼げるはずと思うんですけど、いざ作って競合サイトの戦いに負けて稼げないと、俺にはアフィリは無理だったんだと落ち込んでしまいます。←僕も割とこのパターンです。

そう落ち込まないためにも競合が激しくないキーワードで月収10万稼いで自信をつけてから、超競合キーワードに挑みに行くのもありなのかなと。
スポンサーリンク


アニメサイトはブームが過ぎたら稼げないといわれるけどアクセスが0になるわけではない。

アニメサイトはブームが過ぎたら稼げなくなるしやるだけ無駄だといわれるけど、漫画が連載されている限りはそれなりのアクセスはもらえますし、ブームが過ぎたら新しいサイトを作ればいいだけ。それを繰り返していくとちりも積もれば山になるという感じでそれなりに稼げるようになります。

特別に狙うべきアニメジャンルについて書いていく。

ゼロから始まる異世界生活。これは今凄いフィーバーしているので確実にアクセスを稼げる。僕はまだつくっていないけど。。

冒険王ビィト。最近連載開始して冒険王ビィト。このジャンルのアニメサイトを作っている暇人はいないのでがら空き。。

ハンターハンター。ハンターハンターの特化アニメサイトは少ないのでチャンスあり、特化サイトはリンクがすくなくても上位表示できるので
特化をつくれば問題なし、

ポケモンサイト。ポケモンもまとめているサイトはそんなにないので作ってみるのもあり。ニートくらいしかポケモンまとめないでしょ。

ジャンプでそれなりに流行っているアニメをまとめる。→そうすればまだ誰も参入していないホワイトのゾーンがある。でもウィキペディアとピクシブさんだけは参入している。それはしかたがないのであきらめましょう。
最後に、
アニメサイトはめちゃくちゃ稼げるということはないけれど、確実性で言えば群を抜いているので確実に利益を上げたいなら作ってもいいかなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク