ネット炎上特集を見て思ったこと。

ネット炎上特集を見て思ったこと。

ネット炎上の研究

ネットで炎上して批判コメントがきて体調を崩してしまい、会社を辞めて家に引きこもってしまった女性OOさんという特集がやっていた。個人的にはネット上で何言われたってどうとも思わないし、批判しに来る人が匿名で好き勝手書いてくるのだって本気で憎悪を感じて書いているわけではなく、暇つぶしでやっているわけだからたかだかネットのコメントにマジになってはいけない。

というか匿名でコメント書くということはリアルではそれなりの立ち位置で無敵の人じゃないんだから守るべき人もいるからリアルで直接危害を加えてくる人なんてほとんどいない。無敵の人であっても危害を加えたら捕まるわけだし、危害を加えられたら警察に通報してやるくらいどっしり構えておいた方がいい。

炎上で危害加えられていたらブラック企業で炎上している会社なんて危害加えられすぎて再起不能になっているはずなのになっていないということは炎上したところでネット上ではひどい言葉を投げかけられるだけで、リアルまで波及することなんてほとんどないんだから。そんなに炎上したどうしよう。人生終わったなんて思わないほうがいいんじゃないの?と思うし、自分の友人でもないやつにどう思われようがどうでもいいじゃん。そう思えるようになるまでが大変なんだけどね。。

自分は無敵の人だから炎上しても何も失わない。

会社員で炎上して身ばれして精神的に病んで、会社を辞めて家に引きこもるくらいならネットで発言しないほうがいいんじゃないのと思う。本当に炎上ってそんなに恐ろしいものでもなくて、慣れてくると、こいつなにこんなことでマジになってんの?うけるwwという視点で見れるようなり、批判コメントも楽しめるようになってくる。

僕自身無敵の人で職なしなのでネットでどんな発言をしても会社を首になることもないし、好き勝手な発言ができる。逆に会社勤めになって好き勝手なことを発言できないでビビって生きていくことが本当に幸せなのだろうかと疑問さえ持ってしまうということも少なくない。案外ネットで本名だろうが、好き勝手なことを書ける立場にいることは居心地が悪いものではないと思いますし、本名だしてどうどうと仕事できるというのも無職無敵の人のメリットかなと。

炎上というかアンチがつくたびに特定しましたというけど、特定してなにがしたいんだ???と思うことが多い。特定して何か危害を加えたらあなたが捕まりますよ。。と思うわけです。結局、特定しました云々を書き込む人って何を考えて特定しましたといちいち書き込んでくるのだろうか。。謎である。

スポンサーリンク



最後に、
ブログをやっているといつかは炎上するし、アンチもつく。炎上もアンチも嫌ならコメント欄も廃止するべき。

みんなブログをやる前までは妄想を抱くんですよ。ブログをやればちやほやされてファンしかできないんじゃないかとか。現実は揚げ足取りしてくるやつらとかお前は馬鹿だとかコメントしてくるやつらが結構発生してファンは少数だったりする。

ブログが注目されるときは、本当に面白いか、炎上の二択しかない。普通のブロガーは面白い記事なんてかけないから適当に書いた記事で思いっきり炎上して袋叩きにされることが多い。

この記事はスルーしてほしい案件だったんだからそんなに叩かないでくれよと。袋叩きにされるたびに思う。何で叩くのかは理由は一つ。褒めるコメントを打つより、否定コメントを打ちこんで俺賢いだろという気分になりたいから。後、他人を否定することでおれはあいつより賢いという自尊心を保っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク