カナガンキャットフードが素晴らしい。

カナガンキャットフードが素晴らしい。

カナガンキャットフード チキン(1.5kg)

カナガンキャットフードは無添加で添加物が一切入っていないので、猫の餌の食いつき以上に猫の健康を重視したキャットフードといえるだろう。しかも国産ではなく、イギリス産。そしてイギリスにあるカナガンキャットフード専門工場で製造されている。猫が健康に生きていくために重要な栄養素がくまなく入っており、全てのエイジの猫が食べての安全安心、ねこが健康で長寿になることを第一に考えているキャットフード業者です。

そこらへんの添加物たっぷり、たんぱく質含有量がすくないキャットフードと違い、無添加タンパク質が含まれている量が多いので値段がはってしまうのは仕方がないことでしょう。

個人的には、カナガンキャットフードは本当におすすめ、定期コースで購入すればかなり安い値段で安全安心なキャットフードを購入できるし、猫の食いつきもわるくないし、猫の病気を予防できているし、工場は自社工場で中国産でないので安心でタンパク質含有量も多いので悪い部分がまったくといってほどないからね。

カナガンキャットフードの詳細。

カナガンキャットフードとは、猫の長寿、猫の健康、猫がエサを食べても悪影響がでることが0という理想のキャットフードであり、保存料・着色料・香料という猫の体に害を及ぼすとされる物質が全く入っていないコンプリートキャットフード。しかも我々ホモサピエンスが食べても体に無害であり、ホモサピエンスが日常生活でよく食べる食材が使われています。

やっぱり人間がたべても悪影響がない食材が使われているのが素晴らしいし、人間の体でも保存料・着色料・香料を取り過ぎたら体に悪影響が出るし、その物質が一切入っていないことからしても猫の健康第一に考えてている。本当に劣悪キャットフードのようにどんな材料をいれようが食いつきさえよければいいという売上至上主義的なところが一切ないなく、食材、悪影響があるものはキャットフードにいれないという姿勢は本当に素晴らしい。

カナガンキャットフードはタンパク質が豊富。

猫は昔はほとんどが野生であり、人からエサをもらってのんびり生きていた生き物ではなく、自分で狩りをする生き物であったのはいうまでもないし、野生の時は、鳩、カラス、ネズミ、モグラなど様々な動物を狩猟して生活していました。上記の生き物はタンパク質が豊富で肉食である猫からしたら健康にいい食材。現代では、猫も狩りをすることが亡くなり、たんぱく質が豊富な食材を食べることがなくなり、たんぱく質があまり入っていないキャットフードをたべて健康状態が悪くなってきているそうです。そういう事態を回避するときに必要になってくるのがカナガンキャットフード。カナガンキャットフードは7割がタンパク質で構成されているので、肉食の猫の体にいいことまちがいなし。

カナガンキャットフードでタンパク質含有量が7割ほどですが他のキャットフードになってくると含有量がもっと下がるので、猫の健康にはいまいちかなというものが結構多くなっているといっても過言ではない。

しかもカナガンキャットフードの原材料は安全な産地が多く、メイドインチャイナではなくメイドインヨーロッパということなので安心。

カナガンキャットフードは穀物が含まれていない。すばらしい。

穀物を食べると猫はアレルギーなど様々な疾患を引き起こすといわれていますが、カナガンキャットフードは穀物が含まれていないので、そのような悲劇な状態になることは皆無なのでめちゃくちゃ安心です。

猫の体というのは健康を維持するためにはタンパク質が7割、炭水化物が3割のエサをとるというのが理想だそうです。

個人的にはこのような黄金比率でキャットフードを製造しているキャットフードは知らないし、他の業者だとタンパク質5割、炭水化物5割になっているところも少なくなく、猫の疾患を引き起こしてしまう事態が多発している。そのような事故を防ごうと思うのならば黄金比率でキャットフードを製造して猫の健康を第一に考えているカナガンキャットフードを猫の主食とするべき。

カナガンキャットフードはマグネシウムがあまり含まれていないのですばらしい。

マグネシウムの量は0.09%なので猫がマグネシウムをとりすぎてしまい、猫下部尿路疾患にかかることもない。

やはりエサで猫の尿道系の問題が解決できるのならば、エサの値段をケチらずに猫のためにお金をふんだんに使って健康を守ってあげるのも飼い主の役目。ペットだからこれくらいのエサでいいと思っている人もおおいですが、猫も我々と同じ生き物でペットではなく、家族です。家族なのだから猫の健康には手を抜かずにしっかりとした健康管理できるエサをあげていく。それが猫にとっての幸せにつながるのではないでしょうか。

現実問題、ここでは大ぴらには言えませんが激安キャットフードを購入して猫に毎日のように与えてしまい、様々な疾患を発病してしまっている猫ちゃんも日本には少なからずいます。テレビでニュースにならないのは所詮猫はペットでしかないという世間の価値観でしょう。でも子猫のときから育てていれば家族同然の情がわいてしまい、ペットという軽いものではない存在になってします。

ということから家族を守ることは飼い主の役目なので、病気になる可能性が高いといわれる激安キャットフードを購入することをやめて、尿道系の病気を防ぐことができるといわる健康対策ばっちりなカナガンキャットフードを買うのがいちばんでしょう。僕はそう思いますね。

家の飼い猫は全部カナガンキャットフード。

コンビ二に販売しているような安いキャットフードで猫を飼育するのが一番コストパフォーマンス的にはいいけれど、飼い猫の健康を考えたら添加物が入っていない高級キャットフード一択にしている。猫の一匹くらいは安い100円のキャットフードでいいかなと思うこともあるけれど、猫も家族だなと思い、いつもカナガンキャットフードを与えるようにしている。自分の猫への献身的な愛が実ったせいか、猫のほうも僕にめちゃくちゃ懐いてくれているし、猫ちゃんの毛並みも肉付きもよく14歳までは生きるかなというくらい健康だったりする。

カナガンキャットフードの生産状態。

カナガンキャットフードはしっかりと安全安心なキャットフードを作るために自社工場を所有しています。やはり猫の餌といっても人間と同じ生き物のエサなわけで適当な環境で適当に作って猫の体に悪影響が出たら責任が取れるのかいわれたらとれないわけで、そういう猫の健康面をしっかりと考えているので自社工場生産なのでしょう。

安物キャットフードだとメイドインチャイナとか生産地もあまり信用できないものが多いのがはカナガンキャットフードはメイドインイギリスで、自社工場のほとんどがヨーロッパ圏内なので安全安心にきたいできる。

猫をペットという感覚の人からしたら安いキャットフードで中国産でもいいわという感覚かもしれませんが、猫は家族でとても大切な存在という人からしたら、適当に安く添加物満載で、生産地も中国で、たんぱく質含有量も5割のキャットフードなんて愛猫に与えられるわけがありません。そういう愛猫家の人はタンパク質がたっぷり含まれているカナガンキャットフードを与えて、尿道系の病気を防ぎ、たんぱく質をたくさん摂取させて猫の肉体を元気にさせて寿命を延ばして、愛猫と一緒にいられる時間を伸ばしていきましょう。

カナガンキャットフードの口コミ

1.カナガンキャットフードは本当に猫を長生きさせるために生み出されたキャットフードなんだなと感じることが多いです。カナガンキャットフードを使ってからというもの自宅の猫の毛並みがよくなり、肉付きもよくなって健康そのものです。

2.カナガンキャットフードを食べさせた効果どうかはわかりませんが、カナガンキャットフードをたべさせ続けた我が家の猫は今15歳まで生きています。ほんとにカナガンキャットフードのおかげで家族である猫と長い期間一緒に入れて本当に私は幸せ物といってもいいでしょう。。

3.カナガンキャットフードのおいしさが癖になったのか、我が家のみいちゃんが一目散にカナガンキャットフードを食べにとんできます。よほどカナガンキャットフードの味が気に入ってしまったのでしょう。みいちゃんがカナガンキャットフードを気に入ってくれたおかげで、毎日みいちゃんはご飯を残すこともなくなって健康面で心配が一切なくなりました。これもカナガンキャットフード様様ですね。

4.カナガンキャットフードを家の近くに住んでいる猫ちゃんに与えていますが、カナガンキャットフードをたべはじめてから猫ちゃんの毛並みがよくなり、しっかり脂肪もついてきて健康になりました。ちなみに家の近くに住んでいた猫ちゃんは今では我が家の家族として家でいっしょに暮らしているんですよね。

5.カナガンキャットフードを与えて猫ちゃんの健康を心配するということは猫を家族の一員だと思っているから。猫を家族だとおもっているから絶対に餌では妥協しないという決意の元、キャットフードはカナガンキャットフード一択なんですよね。他のキャットフードで妥協するのは簡単ですが、妥協すれば猫の寿命が縮んでしまうのし、家族の長寿をねがっているのでカナガンキャットフードしかありえない。

6.カナガンキャットフードはたんぱく質が多く含まれているので、我が家のにゃんこも他の穀物が多く含まれているキャットフードよりおいしそうに食べます。猫は本能でたんぱく質が体にいいことを察知しているのかもしれません。動物も本能で生き抜くためには何が体にいいのか悪いのかがわかりますからね。何がからだにいいのか悪いのかわからなければ猫がここまで種を残すことなどふかのうだったでしょう。

カナガンキャットフードを個人的にたべてみた。

猫があまりにおいしくカナガンキャットフードを食べるのでこれは人間が食べてもおいしいのではないかと思い食べてみましたが。めちゃくちゃおいしいかと期待していた分、味は酸っぱく酸味があり、人間にとってはうーんといわざル得ないものだったので野良猫や飼い猫のためだけに与えることにしました。

子供の時からキャットフードを暇つぶしに食べていましたが、カナガンキャットフードも高級だからおいしいかと期待していましたが、その他キャットフードと同じような味でした。。やっぱり、人間がキャットフードの味を理解するのはとても難しいことなのかもしれない。

カナガンキャットフードの定期コースがお得すぎてやばい。

定期コースを申し込めば複数個買わなくても1品だけで一割引きしてくれる。ということは3960円の商品が3550円で買えるなど1割引きで購入で切るというところが特にすばらしい。今の時代に定期コースに申し込むだけで400円も値引きしてくれる太っ腹な業者少なくなってきているし、そこまで値引きできるということは猫好きの人にカナガンキャットフードが認められて、売り上げが好調な証拠でしょう。

カナガンキャットフードを2袋以上購入した場合は一品当たり、3960円から3366円まで値下げされてしまい、15パーセント割引で買えるなどお得。2袋以上購入すると600円も安くなってしまうなど、普通のキャットフード業界ではありえない値下げを行っている、これもカナガンキャットフードを製造している企業さんが利益よりも猫の健康を重視しているからできることなのでしょう。

カナガンキャットフードを6袋購入すれば、一品当たり、3960円から3168円まで値下げされて、792円も安いという2パーセント割引買えるというおとくさ。

それに付け加えて5000円を超えるキャットフードをご購入された場合は、送料も代引き手数料もかからないのでとても良心的。

カナガンキャットフードの公式サイト
『カナガンキャットフード』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク