毎日20000文字を書く。

毎日20000文字を書く。

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

自分でもわかっているけど、文章能力が低いのは毎日文章を20000文字書かないのが原因なのは言うまでもない。毎日文章をかいていれば文章力が格段にあがっていくらしい。でも僕は思うんだよ。文章力ってそんなに大切かなと。ブログは文章力よりも何が書いてあるかが大切だと思う。文章力がある記事であっても中身がありきたりだったらバズることもなくスルーされていくと思うから。

後、はてなブログで記事を書いていると幼稚な文章、稚拙な文章といわれることが多いが、否定はしない。毎日文章なんてそんなに書いていないので、文章を書くスキルが低いのは当たり前だと思っているから。だけど、文章力が低いと言われて気分がいいかといわれると気分は最悪になるし、悔しいなと感じることがある。だから、明日からニートの私は毎日20000文字書いていこうと思います。ということで20000文字の概要を下記に書いていきたい。

20000文字の概要

毎日3記事2000文字程度で書いていく。それが終わったら過去記事で文字数がすくない2記事に7000文字を追加していく。これで20000文字。

こういうことを書くとなぜ追記する必要があるんだろうと思う人がいるかもしれないので、その理由についても触れていきたい。

今現在のグーグルのアルゴリズムは本当にリンクが全然効かないのでリンクの力だけで上位表示するには限界がある。その限界を打ち破るには他サイトを上回るコンテンツを書いていかなければいけない。

そこで自分は思った。そうか一記事10000文字のコンテンツをぶち込めばいいのか。他のサイトをみても10000文字ぶち込んでいるサイトはそうそうないし、10000文字ぶちこめばビッグワードでも上位表示できるはず。10000文字で反応が弱ければ20000文字をかけばいいんだと。

文字数を増やせば検索上位表示も可能になるし自分の文章力もアップしていくので一石二鳥じゃないのと思ったので、そろそろ本気で記事を作っていかないといけないなと感じてしまったのです。

とにかく、ブログでアクセスを稼ぎたい、ブログで月収7ケタを達成したいということを脳に植え付けてブログを書くモチベーションにしていかないといけない。何事もモチベーションなり、理由づけはとても大切になってくるからね。現実は1000文字書くくらいから疲れてくるので厄介。

これからのブログ戦略について書いていきたい。

ワードプレスでもはてなでもいいけど、一記事20000文字くらいのビッグ記事を365記事作って、コンテンツの力でどれだけ検索順位があがるのか?ビッグワードで上位表示できたらどれだけの収益が発生するのかを知りたい。

1記事20000文字はニートか、ブログにすさまじい執着をもっている人しかかけない地点なので、その作業を毎日したときどんな結末になるのだろうかとすごい興味もあるし、自分自身も20000文字を365達成したらどれだけ文章力がアップしているのかということがとてもきになっている。

一日20000文字書くといってもこの記事には2000文字でいいかなと思ったら無理やり増やすことはしないですが。。

ブラックハットではなくてホワイトハットで結果をだしたい。

リンクをはれば順位があがるなんてことは今までさんざんやってきたけど、リンクだけで1位から5位になれることはないので、やっぱりホワイトな長文攻めがいいのかなと感じ始めてきた。

ブラックハットでリンク張り倒すのは今現在本当に通用しないし、リンクの力で上位表示したサイトというのはリンクが評価されなくなった瞬間に順位が落ち来てアクセスも減ってしまい、精神的によろしくないので、コンテンツの力でしっかり順位をあげて順位も安定させたいよねと。

個人的に思うのは楽をして検索順位を上げたいならいままでどおり、リンク手法でいいと思うけど、この先何年も検索順位を安定させたいなら、ホワイトハットSEOのコンテンツをすさまじいほど充実させて検索順位を上げて順位を安定させていかなければいけない。
スポンサーリンク



最後に、
文字数がある記事で上位表示に成功すると本当に順位が落ちてこないし、ペンギンアップデートがこようが何も怖くないし、ペンギンアップデートがきてくれればリンクでゴリゴリサイトがペナルティーをくらって落ちていくので、ホワイトな文字数を増やす手法でやっておいてよかったと安心できる。

そういうことまで考えると本当にコンテンツが充実したサイトをつくるのは大変ですが、苦労して作っていくのもありなんじゃないのかなと思うわけです。

毎日20000文字も書いたら精神が疲弊していくので、土日はやすむとかしっかりとしたルール作りをしていかないといけないよなあとも思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク