ブログに書くネタなんてそうそうない。

ブログに書くネタなんてそうそうない。

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

ブログを書こうと思っても何について書けばいいのかわからなくなるときはあるし、200記事くらい超えてくるとほんとになにかけばいいんだっけとなってくる。まあ、役に立つ記事を書こうとするから200記事くらいで何書けばいいのかなと思うわけで、好きなことを好き勝手書いていればいくらでも記事を量産できるんですけどね。

ネタがないというのもいい文章書いて、人に認めてもらいたい気持ちがあるせいで好きなことをブログに書けなくなってしまっているだけで、どうでもいいことをかけばいくらでもネタなんてわいて出るほどあるわけですよ。役に立つことを書かないといけないから、ブログなんて感情の掃出し口くらいの感覚でいればいくらでも書くネタがある。

僕もブログを始めた当初は、いい記事書かなきゃ、人に認めてもらわなきゃと思っていたので、ブログネタを書くのに苦戦していましたが、所詮ブログなんだなあと思うようになってから、読者の人もブログに役にたつ情報をもとめているわけじゃないし、暇つぶしで読んでいる程度なんだから好きなことを書こうと思ってからはネタに困ることはなくなりました。

役に立つ情報しかかくなというのははてなブログだけ。

はてなブログは役に立つ情報を発信しているブログが多い分、アメブロのような感想文をかくと、文章力が低い、ゴミをばらまくなと怒り狂うコメントをもらいますが、所詮ブログで無料で読めるもんなんだからそんなに品質を求めてくるなと思うわけですよ。

そんなに質の高い情報を求めるなら本を買うか有料メルマガを買ったらいいんじゃないの?。無料で見れるってことは無料の価値しかないことだし、本当に重要な情報をブログに書く人なんてそうそういないわけです。だったらネットでゴミをみるのをやめて書籍かったり、有名人の有料メルマガを読んだほうがいいんじゃないのと思う。

結局、一般人はそんなにブログの内容どうこう気にしないで芸能人ブロガーみたいに好き勝手なことを書いたほうがブログも続くし、アクセスも増えるし、いいんじゃないのかな。僕なんてミクシィ日記からブログはじめた人だからブログなんてただの個人の日記くらいの感覚にしか思ってなかったし、日記に文章力とか求められてもなあと文章力が低いと批判されるたびに思うわけです。

アメブロはほんとにブログという感じがする。

はてなブログに来てから思ったのはブログなのにいい情報を書かないといけないというのがホームページぽくてなんかブログぽくないよなって。ブログって本来スタート地点は個人の日常をばらまくものだったのに、いつのまにか役に立つ情報を書かなければいけないツールになってしまっている気がする。

そういうツールになりつつある中でアメブロだけは皆が好き勝手なことを書いていて、無理に役立つことを書いていないところが、ブログらしいなと感じるし、アメブロ特有の写真だけで記事を構成するのもブログらしいなって。

ということからしてもブログって役に立つネタ記事を書かなくても、自分が写真だけで記事を作りたいと思うなら作ればいいし、感想文をかきたいならかけばいい。ほんと原点は、好きなことを書いたり、好きな写真を貼るなんだよね。

割と写真だけの記事とかも長ったらしい文章を読まなくてもいいから個人的には画像をみるだけで何を伝えたいのかが伝わってくるので写真ブログは嫌いではない。

ブログネタまとめ。

SEOとか意識して長文にしようとしたり、皆に認めてもらいたい記事を書こうと思うからねたがなくなるだけなんだから、ブログに書くことがないならとりあえず自分の日常を記事にしてもいいし、いい写真や皆に見せたいなという写真が撮れたら記事にしていいと思う。

自分が運営していて楽しいブログというのは、アクセスを増やすために長文長文にしたり、書きたくもないネタについてアクセスのために書くのではなく、自分が書きたいと思うことについて、気楽に適当に書くブログだと思うんだよね。
スポンサーリンク



最後に、
ネタがないなら、今日起きたことや好きなゲームのことを適当に記事にすればいいよ。無理して、皆にさすがですといわれる記事をかこうとネタ探しして記事をかいても意外とつまらない記事になってしまうだけだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク