頭のネジが外れてる

頭のネジが外れてる

最近僻みが凄い。僻みが凄いせいで人間として頭のねじが外れてんじゃねえのと思うことが結構ある。

若くして芸能界で活躍している人を見ていると俺の人生、この方々と違って全然活躍してない。やばい。このままじゃやばいと、いきなり焦りが生まれ、不安になったりすることも少なくない。結婚しましたニュースをみても全然めでたくもないと思ってしまったりする。心の中で邪悪な気持ちが目覚めてしまい、自分が幸せになれる保証は0でしかないのに、他人が結婚しようがどうでもいいと思ってしまう。

多分、上記のように思ってしまうのも、自己愛が強すぎて、他人より自分。と思ってしまうのだろう。そういう糞みたいな気持ちを少しでも改善するために献血などをして他人のために動いていかないといけないし、そういう糞みたいな気持ちを変えようと思ったら自分も結婚して子供ができて親になって自分より大切な存在ができないと変わらないと思う。

結局、自分が一番大切だと思ってしまうのも、精神が未熟なのと、大切な存在がいないというのがすべての原因。

誰にも負けたくないという気持ちがあるせいで苦しい。

何の取り柄もなくゴミでしかないというのに誰にも負けたくないと思ってしまう。

たとえばはじめしゃちょーがアメリカ留学に行こうと思いますという動画をアップロードしたときの俺の心情はこうだ。

はあ?ユーチューブで年収1億稼いで無双しているんだからアメリカ留学行く意味ねえだろ。ただの人生の勝ち組自慢動画か糞が。。

もう一つはじめしゃちょーが大量消費動画をアップロードをしたときの俺の心情はこうだ。

おっ、はじめしゃちょーの野郎、ユーチューブで大金稼いだからこんなに物を無駄使いで金だな。ただの金持ち自慢じゃねえかつまらん。

という感じで、はじめしゃちょーという人間に負けたくないという気持ちものせいで金持ち成功者が自慢しているだけにしかみえなくなり、小学生みたいにはじめしゃちょーアメリカ留学かよ。SGEEEEEEEEEEEEEEEEEという感じには思えなくなってしまっている。

とりあえず、金持ちに嫉妬する人にいっておく。はじめしゃちょーの動画を見ると俺たちからしたら高額のもんでもゴミのごとく大量に買い、大量に消費して、無駄使いしている内容の物が多く、嫉妬心が強い人や物を節約する感覚がある人が見ると、無駄使いスンナ、自慢スンナという気分になって、見ているだけで気分が悪くなるので見ないほうがいい。

俺はいまさ悟った人生の勝ち組といわれるものの動画は絶対にみない。

まともな人間は他人に嫉妬しないで素直にすごいといえる人間。

小学生のときなんて金持ちが海外留学しますという姿をみて海外留学かよ。まじすげえなと本気で嫉妬するなく、尊敬していた。その時の感覚にもどせば、他人に嫉妬することがなくなり、いつも普通のメンタルで生きていけるのではないだろうか。

他人をすごいと認めて尊敬すること。そこから生まれるものは何もないけど、むかつくこともないので心は安定する。

でも他人に嫉妬する感情は醜いけど、それをばねにして頑張ろうと思えば、行動もするし、作業もする。

現実問題、他人すげえと思って相手を認めた人間で人生成功した奴なんていない。あいつには負けたくないと負けを認めないで諦めずに、長い期間、頑張ったやつがみんな成功している。

だから他人に嫉妬して負けを認めないということも一概には悪いことではないと思うよ。

出来ちゃった結婚がうらやましくある。

これは頭のネジが外れているとか関係ないけど、できちゃった結婚には結婚前から子孫を残すという最大目標を達成しているので、普通に結婚して子供を残そうとするより、生存戦略的にはいいことなんじゃないのかなと。

今少子化になっているのだって後先考えてしまうことが原因で子供を複数産めなくなっているわけだから。

日本人のでき婚率はたった15パーセントでこの数字が40パーセントくらいまで跳ね上がれば、皆が子供ができましたを期にバンバン結婚して、結婚後も第二子を産むだろうから、少子化に歯止めをかけられるんじゃないだろうか。。

そう思うようになってから、でき婚だから駄目だとか思わなくなったし、子孫残せているだけで俺より勝ち組じゃねえかと思うようになった。

こう感じてしまうのも少し頭のネジが外れてるいるだろうね。
スポンサーリンク



最後に、
他人の幸せを素直に祝えない。誰も負けたくない。自分が幸せになれないことに苦しみを感じるなど、頭のネジが外れてんなあと思うことが多い。

だからこそ、嫉妬する要素がある人間を自分の視界に入れなければいいんじゃないだろうか。わざわざ視界に入れて嫉妬したり、負けたくないと思うだけ精神的につかれるだけで百害あって一利なしですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク