ワンピースが休載決定 したそうだ。

ワンピースが休載決定 したそうだ。

ONE PIECE 82 (ジャンプコミックス)

ワンピースもたまには休載したほうがいいんじゃないかな。たまには休んだほうが作者の心がリフレッシュされて内容に深みがでて面白くなっていくだろうし、ハンターハンターの作者が面白くて魅力的な作品を書けるのも疲れたらしっかり休んでいろいろなゲームや漫画、小説、遊びを楽しみ、自分の世界感を広げているから面白い作品がかける。

ワンピースがつまなくなってきているのも作者が頑張って漫画を描きすぎているから。個人的に感じるのは毎週連載される作品より不定期の作品のほうが内容が面白い気がする。だって、作者も人間で毎週漫画ばかり描いていたら疲れがたまるし、心が暗くなるし、ネタも切れる。その状態で書いた漫画作品がつまらなくなるのは言うまでもない。

現に不定期漫画のリアル、ハンターハンター、闇金うしじまくんなどは本当に内容が面白く、読んでいてありきたりだなと思ったことはないし、いつも度胆を抜かれる内容。

それに比べてワンピースは作者が休まずに漫画を描き続けて、心が疲弊しているため、漫画を描き始め当初より物語の内容がつまらなくなってきている。アラバスタ編のときの内容は感動あり、勇気あり、友情ありで本当に素晴らしかったが、今では、強い悪い敵を倒しておしまいという内容でしかなくなり、感動あり、勇気あり、友情ありという要素がなく、つまらなくなった。僕はそう思っているだけで、他の人の考えもあるだろうから、怒らないで一つの意見だと思いスルーしてもらえたらなと思う。

ワンピース事態はアラバスタまでは本当に最高だったので、作者さんにはもっと休載してもらってただ強い敵を倒すという内容から感動、友情、人と人の出会いの大切さを重視してもらいたい。。アーロン編なんかアーロンさんはただの魚人で弱かったけど、なみの大切な家族を守るために本気で戦うルフィーの男気もかっこよかったし、ベルメールさんが自分の命を投げ出してまでナミやノジコを救うシーンも感動的だった。。などなど、感動するシーンが本当に多かった。それからアラバスタ編はクロコダイルと共闘したビビとの出会いから別れのシーンがとても感動的。

アラバスタ編が終わってからワンピースで感動することはなくなり、ただ、黒ひげとの対戦やら、ドンキホーテドフラミンゴとの対戦やら、対戦対戦ばかりでめちゃくちゃ感動したシーンが少なくなった。でもそれでも、コラソンのローに値する無償の愛、白髭のエースに対する無償の愛など、本当に人生で皆が忘れがちなことが書かれているので、昔よりは感動要素が薄くなったが、他のジャンプ漫画よりは心に響く部分は多い。

なんだかんだ言ってワンピースのバトル漫画化はキッズ層には受けているだろうし、子供からしたら細かい感動シーンなんかよりはどんどん強い敵を新能力で倒していく展開を期待しているので、子供からしたら喜ばしいことだけど、大人からしたらうーんと思う部分はあるわけです。一つだけ言えることはバトル要素漫画なんてドラゴンボールとかでおなか一杯だからバトルよりも友情、感動、無償の愛をふんだんに盛り込んだ作品だった初期の展開に戻してほしいなと。

ネットに多いワンピース批判。

ワンピースはキャラをたくさん出しすぎて戦争編でいろんなキャラクターがごちゃごちゃしすぎたり、実際にしっかり戦うのではなく、戦いごっこをしあっているだけにすぎない。。確かに戦争なのに相手を本気で倒してやろうという気迫を感じるキャラクターがまったくいなかったし、戦いごっこをやっているようにしか見えなかった。。

後、ワンピースは所詮少年漫画で相手と命のやり取りをする戦いのはずなのに気絶させて終わりなど、戦いに関して覚悟がたりない。。結局負けても、どうせ生きているし、なんか戦いに本気度がたりないよね。あとは、強力な悪魔の実を食いさえすればいきなり強くなれてしまうところも地道に努力して強くなっていく要素が抜け落ちているから努力して強くなるところがみたいという人からしたらいまいちに感じてしまいかねない。
スポンサーリンク



最後に、

ワンピースが確実に物語に深みがなくなり、ただのバトル漫画になってしまったことからしても作者さんが毎週漫画を描着続けたことにより、ネタが亡くなり、ただただ強いキャラを増やしていけばいいだろうという考えで漫画を描いてしまったことが原因。

そういう結末になってしまうなら、ワンピースは一か月に一回連鎖でいいので、尾田さんにはしっかりと休養してもらって、バトルよりも人間ドラマを重視した深みのあるマンガを書いてもらいたいな思うわけですよ。

どの漫画もそうだけど、利益のために毎週連載しなければいけないということをなくしていけば、漫画家も休みも十分に取れて精神的にリラックスできてネタを仕入れる時間が増えるので面白い作品が増えるのかなと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク