引きこもり生活も悪いものではないよね。

引きこもり生活も悪いものではないよね。

20代中盤無職引きこもりになって思うのは引きこもって生きるのも悪くない。本当に会社に行かなくていいのでストレスもたまらないし、毎日毎日、好きな時間に起きて、寝れるのはでかい。

もうね。毎日が堕落した生活になりすぎたのと、働いていない期間が1年になると、外で働けない体になっている。それがいいのか悪いのかというのは悪いね。楽していると苦しいことは一切したくないと体が受け付けなくなり、やりたいことしかやらなくなる。

やりたいことで金が稼げればいいという意見もあるが、人に雇われていない時点で急に収入が0になる可能性も0ではないわけで、完全に幸せ過といえばそうではない。収入が0になるかもしれないという恐怖におののくこともあるからね。

後、引きこもっている期間が長くなると働かないということに罪悪感を持たなくなる。なんでこんなに幸せなのに働かないといかんのだと傲慢になり、せいぜい働いてもバイトしかしなくなる。正社員なんてもってのほか。拘束時間が長すぎて正社員になったら鬱病コース確定。

後、僕には夢がある。毎日仕事もしないで毎日遊んで暮らすという夢が。引きこもりになったおかげでその夢をかなえることができた。本当に引きこもりになってよかった。そう思って仕事をしないで生きていることに幸せをかみしめて生きている。

まあ、そう自分の生き方こそ正義だと思い込んでいかないと、社会で働いているやつ以外は屑だと思いかねないので、遊んで暮らすのが夢と思い込んでいるだけ。人は思い込むとその生き方こそ正義だと本当に思い込むので余計な心配もしなくなり楽になれる。ぼくはそう考えている。

引きこもりの一日の流れ。

朝起きる。とりあえずブログの記事を3記事3時間くらいで書く。仕事終わり。そして9時くらいから散歩する。散歩で疲れて昼寝をする。大体2時くらい、うだつが上がらないのでアニメ鑑賞を4時間ほどする。そして夜は外出して12時くらいまで遊ぶ。という生活を送っていますといいたいところだが、ところがどっこい。

真正、ブログに取りつかれているので毎日10記事書いているので自由時間はほとんどない。。散歩も少ししたら飽きるのでほとんどブログを書いている。。本当に引きこもっているが俺にはブログしかないので、それを更新するしか人生に光が見えないと思い、自分を追い込んで記事を書いている。

本当にブログで記事を書くことが好きなので、朝から晩までやっていてもストレスたまらないんだよね。記事を書いているときはブログに感情をはきだしているので記事を書いた後はすっきりすることが多い。まあ、そういう感情でいられるのは4記事までなんですけどね。。それ以降は感情をすてて記事を書いている。

人生、社会からドロップアウトしても生きていくためには金を稼がなければいけないので自由もないし、大変。外注雇えるくらい稼いでいる人ならいいですが、僕は外注雇う余裕がないので自分で全部やらねばいけないので、自由がないよね。
スポンサーリンク



最後に、
仕事を辞めたいと思っているなら辞めないほうがいいと思う。本当に外の世界で仕事をしていないとストレス耐性が亡くなって自分が堕落していく感じがするからね。。堕落したくないなら外の世界で仕事をすべき。堕落してでも楽して楽しく生きていきたいなら引きこもりブロガーになるべき。。

引きこもりになるもならないも自分がどういうライフスタイルを送りたいのかを考えてから選択するべきだと思うんですよね。思い切りよく引きこもりになってもネットで稼げなければ遊ぶ金もないので人生くっそつまらなくなりますからね。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク