アトラスオオカブトムシに対する憧れ。

アトラスオオカブトムシに対する憧れ。

アトラスオオカブト70up成虫ペア
子供のときはカブトムシを飼育するのが好きだったので一度はアトラスオオカブトムシを飼ってみたいと思っており、実際に飼育したときの感想について書いていきたい。

アトラスオオカブトムシは三本ツノで超絶レアというイメージを持っていたため、子供の僕では手が出ないと諦めていましたが、地元のペットショプで♂♀ペアで3000円で売っていました。安いと思い、親に頼んで購入しましたが、アトラスオオカブトも所詮量産型カブトムシなので1か月くらいでお亡くなりになりました。。。♂♀を一緒に飼育したのに産卵することもなく、命をつなぐこともできませんでした。。でも二度目のアトラスオオカブト飼育では産卵させることに成功して幼虫飼育までたどり着きましたが、雑な飼育をしていたため幼虫は全滅。。

なぜ量産型なのか?アトラスオオカブトはフィリピンでは日本のカブトムシくらい簡単に取れるので現地ではまったくというほどレアではないので、量産型。最近では♂♀ペアでも1500円くらいの値段だだったりして安い。。オスだけだと980円だったり、下手したら国産カブトのオスより安い。本当にお買い得。

ペットショップでアトラスオオカブトを見るたびにアトラスオオカブトをわざわざ買う子供も最近ではいないだろうし、ムシキングブームが去ってからカブトムシを飼うひとなんて減っているだろうかこのアトラスオオカブトはペットショップで寿命をまっとうするんだろうなと思ってしまいます。。しかも狭い狭い、プリンカップの中で一生暮らすはめに。。かわいそうだ。。しかも子孫も残せないし。

アトラスオオカブトの幼虫。

アトラスオオカブトの幼虫もまれにペットショップに売っていますが、980円で売っていたりなど、成虫と値段が変わらなかったりします。その点からしても、成虫を購入したほうが、お買い得かなと、幼虫だったら飼育に失敗して羽化不全になれば、成虫になれずに終わってしまいますからね。

でも幼虫飼育にもメリットがあって、幼虫から蛹、蛹から成虫になるという生命の神秘をじかに感じてみることができるので、個人的には幼虫飼育がおすすめです。ほんとに幼虫の前蛹から成虫になるシーンというのは鳥肌ものです。

まあ幼虫飼育も昆虫マットにコバエがわくと部屋にコバエが飛び始めてうっとおしいこと極まりないので、僕は昆虫を飼うのをやめてしいまいましたが。。

アトラスオオカブトを飼うときに気を付けたいこと。

アトラスオオカブトは値段は安くて日本のカブトムシの値段と大差ないですが気性が荒いので複数匹飼育には向いていません。なので単独飼育するのがベストでしょう。

後、アトラスオオカブトの爪は鋭いので、腕に乗せたら傷だらけになってしまうので腕に乗せるのだけはやめておきましょう。

後、長生きさせたいなら繁殖をさせずに単独飼育させることが大切。僕の場合カブトムシを飼育するとすぐに繁殖させたくなってしまい、卵は産むんですが、たいていは1か月くらいでなくなってしまいます。。なので寿命を延ばしたいなら繁殖はご法度でしょうね。

アトラスオオカブトの大きさ。

アトラスオオカブトは大型でだいたい85ミリから100ミリの間。中型で75ミリから85ミリの間、小型で60みりから75ミリの間。ひどいホームセンターになると小型で3000円で販売してくるなどぼったくりもいい値段だったりする。親がちいさければ、子供も小さいというの昆虫繁殖の常識なので、大きい個体を作りたいなら、極力でかい個体のアトラスオオカブトを購入するようにしましょう。

でも初心者が幼虫から成虫にさせるとマットも激安なものを使って適当に飼育してしまうので、小型で60みりから75ミリの間の個体ができることが多い。まあ、小さいほうがかわいらしくて愛嬌があるのでそんなに小さいからよくないというわけでもないですからね。

ホームセンターにはそれなりの大きさの個体しか売っていないので40ミリのアトラスオオカブトとかある意味レアなのかもしれませんね。

アトラスオオカブトでも95ミリほどになれば、中型のコーカサスオオカブトと同じくらいの大きさで、幼虫期間がコーカサスが1年半なのに対しアトラスは半年なので、幼虫期間が短いのにコーカサスを超える個体を作れるというロマンがあるのが魅力的ですからね。ちなみに国産カブトムシのギネスは88ミリほどだそうです。

ホームセンターでよく売られているのは85ミリほどの個体で1980円というのが最近多い。現地で捕って日本に輸出してくるパターンが多いことからしてもフィリピンの野生個体は85ミリ程度の個体が多いんでしょうね。
スポンサーリンク



最後に、
アトラスオオカブトは安くてかっこよくて、寿命が短いというデメリットもありますが、一度飼育してみるとカブトムシ飼育にはまります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク