小学生の将来なりたい職業にブロガーが入ってない。

小学生の将来なりたい職業にブロガーが入ってない。

東芝 Dynabook Satellite PB35RNAD4R3AD81 Windows7 Pro 32/64Bit(Windows 10 Pro ダウングレード) Celeron 4GB 500GB DVDスーパーマルチ 無線LAN IEEE802.11ac/a/b/g/n Bluettoth USB3.0 HDMI 10キー付キーボード バッテリー長持ち最大約9時間 15.6型LED液晶搭載ノートパソコン
小学生は労働というものがどれだけ理不尽でどれだけ辛いかをしらないので将来の夢が研究者とか医者というものが多い。しかし最近で小学生の将来なりたい職業の3位にyoutuberがランクイン。これはすばらしい。小学生もあくせく働かずに広告収入で稼ぎながらのんびり暮らして目立って生きていきたいということに魅力を感じ始めている。この流れでブログ界で人気になって広告収入でのんびり稼いで稼ぎながらのんびり暮らして、ブログからリアルにつなげて目立って生きていきたいに小学生の思考が変われば小学生のなりたい職業にブロガーがランクインすること間違いなし。

しかもアクセスの稼げるブログを持っていれば自分の動画をブログにはれば動画の再生回数もウナギのぼりで、ブロガーとユーチューバーの夢の両方をかなえられるではないか。逆もしかりで、ユーチューバーで有名になればユーチューブの動画説明欄にブログリンクをはれば動画からブログに人を流せるのでブログのアクセス数を伸ばすことだって可能になる。ということからユーチューブとブロガーは表裏一体なのだ。

現実のブロガーという職業の立ち位置。

外の世界で働いて18時に帰れない会社に就職すると自由時間も平日はほとんどなしで毎日なんで生きているのかわからない。そしてメンタルがむしばまれると仕事をやめて無職になる。うおおお、収入がない生きていけない。ブログでもやるかと毎日記事を書いて広告収入が多く発生するうちにこんだけ収入が発生するなら仕事をしなくてもいいやと思い、プロブロガーに変貌していくのだ。

現在のyoutuberの立ち位置。

リアルで生きていくのが辛い。仕事やめよう。そして無職になる。あっそうだユーチューブに動画上げれば金になるのか。。動画をあげたら再生回数が運よく稼げて広告収入もうはうは。はあああああ、こんだけお金稼げるなら仕事しなくてもいいや。という感じでyoutuberになる。
上記にあげたブロガーもyoutuberもリアルの生活から脱落したゴミがしがみつく最後の砦であり、将来有望な小学生が憧れる職業ではない。小学生のうちは大人と違い、才能にあふれているのだから最後の砦を夢にするのではなく、プロ野球選手など、才能を生かせる仕事を夢にしてもらいたいものだ。
スポンサーリンク



最後に、
仕事をやめてブログをやっていると思う。ああ、俺はリアルから脱落してブログにしがみついている天性のゴミ屑なのだと。もっと根性、気迫、遊びたい感情がなければサラリーマンとして活躍しているというのに、そのサラリーマン生活をしたくがないためにブロガーを選択しているだけ。ユーチューブに動画をあげたのも楽していきていくため。決して、目立ちたいと思って始めたわけではない。

将来の夢をyoutuberにしている小学生に一言だけ言いたい。youtuberはいつだってなれる。だけどプロ野球選手など才能を生かす仕事は若いうちしかなれない。だったらユーチューバーより、お金も稼げて今ある才能を生かせる職業に就いたほうがいい。。プロ野球選手なら野球引退後に野球指導で飯を食っていけるしユーチューバーよりはつぶしが効く。youtuberなんて動画アップしていえーいとやっているだけで何のスキルもつかないしyoutubeが亡くなったら人生がおしまい。ほんとにyoutubeが亡くなったらら国民に迷惑をかける生活保護を受給するしかなくなる。そういう現実を直視しながらyoutuberになるかならないかを子供のうちから考えたほうがいい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク