クラピカの強さとこれからのハンターハンター。

クラピカの強さとこれからのハンターハンター。

HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

クロロ=ルシルフルがカキンの王の宝を狙っており、クロロ自身も宝を手に入れるために暗黒大陸行きの船に乗るそうだ。王族もカキンのツボが大切なので船に持っていくことからクロロが船に侵入する可能性は100%。クラピカも幻影旅団に滅ぼされた仲間の緋の眼を王カキンの第四王子ツェリードニヒから緋の眼を回収するために暗黒大陸行きの船に乗っていることからクロロとクラピカが出会い、戦闘に発展する可能性は50パーセントくらいはあるはず。そう考えると、クラピカがせっかくジャッジメントチェーンでクロロの心臓に刃を指して掟を宣告して念能力の使用も団員との接触もできなくしたのに、クロロはジョネンもすんで自由に念能力も使えるようになっていることをクラピカがしれば、クロロを倒さなければいけない理由ができてしまい、また旅団との戦闘が始まることは必須。でもヒソカが旅団メンバーを全部消すと発言していることから旅団を倒す役割はヒソカが全部やってくれるので戦闘にならない可能性が高い。ハンターハンターファンかららどちらの展開になってもわくわくする展開なのは言うまでもないですね。

クラピカは制約と誓約によって強化されたチェーンジェイルを使えばクロロが相手でも鎖で拘束して心臓に念の刃をさせるほどの強さではあるが、旅団相手以外に、チェーンジェイルを使うと命を落とすという制約と誓約があり、捕えた旅団メンバーなら絶の状態にして拘束できるという強力なチェーンジェイルが旅団以外には使えないので、普段の戦闘においては苦戦を強いられることは必至。それでもノストラードファミリーの若頭として組を仕切ることができていることからチェーンジェイルを使わなくてもそれなりに強いということは間違いなし。。それにしてもネオンノストラードの占い能力が消えたのに、組が破産しないで、運営されていることからしてもクラピカがリーダーとして有能なことがうかがえる。今現在は契約ハンターから賞金首ハンターにランクアップしたようである。

クラピカの念能力について。

クラピカのエンペラータイムは目が緋の眼になれば特質系になり、すべての能力を100%引き出せる時点で、チート的な能力である。しかも念を取得してからたいして念のトレーニングをしていないのに、エンペラータイムで自分の今現在の能力をすべて引き出せば、念能力をそれなりに鍛えているウヴォーギンをチェーンジェイルで拘束してしまうなど、念取得時の状態でも力をすべて引き出せば旅団をもいとも容易く制圧できる力の持ち主。

なぜこれほどの力を身に着けることができたのかというと、束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)を幻影旅団以外の人間に使うと命を落とすという制約をしたことにより、チェーンジェイルの強度を上昇させたことが大きい。

エンペラータイムからのホーリーチェーンのコンボがやばい。

癒す親指の鎖(ホーリーチェーン)とは自然治癒力を上昇させるものである。そして、ウヴォーギンに渾身の右ストレートをまともに受けて骨折したが、エンペラータイムでホーリーチェーンの自然治癒力が格段に強化されており、瞬時に骨折が治るなど、すさまじい治癒力であった。

問題は強化系ではないので基本的な攻撃力が低いので、チェーンジェイルで敵を拘束してから、弱攻撃連打か、ジャッジメントチェーンで瞬殺するかのどちらかである。旅団が相手ではないとジャッジメントチェーンが使えなくなるの上記のコンボも一切使えないので、旅団以外の相手と戦う場合クラピカは実力を完全に出すことができない。

ダウジングチェーンについては右手薬指についている鎖であり、先端の形状は金属の球体であり、自分をねらい打つ弾丸の予知、対象者がウソをついているかいないか、自分が探している者の現在地がわかるなどの効果がある。

総括するとエンペラータイムを使えば念取得時でも念の達人(旅団限定)をも倒せる戦闘能力。幻影旅団が相手ではなくてもエンペラータイムは使えるため、それなりの強さを誇る。エンペラータイムを使えばホーリーチェーンの治癒力も上昇し、瞬時に骨折も治る。本当にクラピかさんのエンペラータイムと、チェーンジェルのコンボが強すぎるし、自然治癒力がすさまじいのでクラピカさんにひん死クラスのダメージを与えられる能力者いるのかよと思ってしまう。

カキン第4王子ツェリードニヒとクラピカ。

カキン第4王子ツェリードがクラピカの親友であるパイロのクビ、10個の緋の眼を所有して飾っていることからしても人間的に破たんしていること間違いなし。

「ブタやサルの皮剥ぐだけならただの解体じゃん? オレが求めてるのは前途ある若者が極限状態下で生み出す総合芸術なわけよ」
「オレ以外の豚屑が国王になるなど論外!! 論外なのだ!!」「大衆はブタだ!! 無能なブタどもに理想を叩きこみ支配するのだ!!」

動物の命をゴミ扱いしていることからしても命に対する重みという者が一切わかっていないことからしてもクラピカが緋の眼を返せと言ってはいそうですかといって返すような相手ではないし、自分以外の存在を豚屑ということからクラピカのことも豚屑と思っていることから温和な話し合いで緋の眼を取り返せることはないので戦闘がおこるのは必至である。大衆をブタということからしても大衆のクラピカのいうことなんて絶対に聞かないだろうな。。
後、カキン第4王子ツェリードは血を壺に一摘垂らすことで、壺に潜む守護霊獣に口に卵のようなものを入れられてしまう。このような行為を壺中卵の儀というようだ。この儀により守護霊獣がツェリードに取りついたことは間違いない。そして守護霊獣は本人の意思に関係なく、憑りついたもののオーラを栄養として勝手に成長していき、憑りついたものの影響も受けた能力と姿になる。問題は守護霊獣は自分の意思で動かすことができないというところにある。現にツェリードは守護霊獣も見えていないし、守護霊獣に取りつかれたばかりで、守護霊獣自体も成長していないことから守護霊獣がツェリードを守護するためにクラピカと戦闘になっても霊獣自体が大したことがないので、簡単にクラピカに守護霊獣が倒されて負けてしまうだろう。これは僕の妄想なのであしからず。

クラピカとゆかいな仲間たち。

クラピカは第4王子ツェリードニヒに接触するために他の王候補の王子の護衛として暗黒大陸行きの船に搭乗している。
クラピカも緋の眼を取り戻すためには緋の眼の所有者の第4王子ツェリードニヒに接触しなければいけないが、一人では接触することは不可能なので同じハンター仲間を他の王子の護衛につかせて、潜入させている。

イズナビは第6王子のタイソンにつかせて、ビスケは第13王子のマラヤームの護衛でバショウは第7王子のルズールスの護衛でセンリツは第10王子のカチョウの護衛でハンゾーは第12王子のモモゼの護衛につかせています。この護衛メンバーを見てもノストラードファミリーを護衛していた時のハンター仲間のセンリツ、バショウから、ハンター試験のときに知り合ったハンターハンゾー、自分の師匠であるイズナビ、キルア、ゴンの師匠であるビスケという本当に信用できる人間のみを連れて行っている。

一番面白いと思ったシーンはクラピカがビスケを持ち上げるシーン。

ビスケあんたねえ自分で自分をどう思っているかしらないけど、知りませんから。クラピカ初対面で過剰に猫を被る人間は信用できないな。ビスケはっ??

この流れのときはクラピカはビスケを褒めれば扱うのが簡単だということをすっかり忘れていたのでついビスケと口論になってしまっていた。口論中にキルアに言われたことをフト思い出す。

キルアオメーのことだからビスケとはおそらくもめるだろうけど簡単に上手く付き合えるコツを教えとく。俺はわかっていたけど、むりだったけど、きもくてさ。キモくてもやれるならやったほうがいいよ。ホントきもいけど。

ゴン、もキルアもビスケに一切媚をうらなかったからクラピカも媚をうらないんじゃないかなあと思っていたけどまさかまさかの展開で上手く付き合っていくために媚をうりはじめる。

クラピカキルアの紹介でなければ、君のように華麗で華奢で儚げな少女を雇うことなどしなかっただろう。君は警護よりもお姫様のほうがお似合いだ。キャンセルするなら今のうちだぞ。

この発言をきいてクラピカ女説もあったけど、クラピカは完全に男なんだなということがわかった。ビスケの恥ずかしがる反応からしてもクラピカが男とというのは明らかだ。
スポンサーリンク


クルタ族と緋の眼

クラピカが緋の眼を今現在市場から集められたのはたったの10個しかなく、2個で1セットして所有しているの5対。闇市場には36対出回っており、クラピカが緋の眼を今回 カキン第4王子ツェリードニヒから10個奪い返しても残り52個は市場に出回っている状態である。しかも命を旅団に奪われたクル他族は128人おり目の数でいうと256個になり、闇市場を抜きにして世に出回っている緋の眼は184個もあるということになる。そういう現実を考えると、クラピカは闇市場の72個の緋の眼を集めても、残りの184個も集めなければいけないので、クラピカが生きているうちにこの世の緋の眼がクラピカのもとにすべてあつまるということはないだろう。

緋の眼が死後も赤いままの条件はクルタ族が緋の眼の状態のまま命をおとさないといけないので256個すべてが緋の眼ということにはならないので、世の中に存在する緋の眼はいくつあるのだろうという疑念が残る。

今現在のクラピカは旅団への復讐からクルタ族の緋の眼集めという目的に移行している。しかしクロロが念能力を取り戻したことを知ったら、緋の眼をやめて旅団を倒すことが目的になる。

最後に、
クラピカが今後緋の眼集めを継続するのか旅団に対する復讐を開始するのかどちらを選択するのかがとても気になる。面白い話になるのは緋の眼集めだよね。もう旅団との戦いはおなか一杯。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク