手抜き記事ばかりバズる。

手抜き記事ばかりバズる。

ああ、記事書くの面倒くさいとりあえず、適当なネタを記事にして適当なことを書こうと思って記事を書くといつの間にか燃えている。本当にいつもこのパターン。ブロガーさんで炎上している人のほとんどが手抜き記事で燃えていると感じていることでしょう。

手抜きをすると、突っ込みどころ満載の記事になりブックマークがあれよあれよという感じで増えていきます。まあ、あれだ。みんななるほどという記事に読み飽きて突っ込みたくなる病にかかっているんだよ。。。僕も、ファミレスイスワリマンことだいちゃんがファミレスに24時間以上滞在したという記事をスルーできずに反応してしまったからね。とにかく、少しでもいらっとしたらブックマークして言及せずにはいられないというのが人の性。そういうもんだ。

たとえばチルドさんなんて800文字くらいの文字数で燃えそうなことを記事にしてはてなブログ界で一番燃えているんじゃないかというくらい燃えている。
これもそれも事実だけ書いて、なんで自分がそう思うのかという理由をはしょりすぎてブックマーカー達に突っ込む隙間を与えているからだと思う。でも個人的には突っ込みどころ満載でブックマークがにぎわっているほうが、記事もブックマークも二重に読んで楽しめるから面白いとは思う。

最近思うのはブログで炎上したくないならありきたりなことを書くか、もえそうなことを書いても読む側を論破できるくらいしっかり記事をかけばいい。それができない雑魚ブロガーだから炎上してしまう。まあ、僕の場合は現在、無職なので、炎上しようがしまいが、最初から社会から抹殺されているので、何の影響もないのだけど。後、無職でなにも失うことがない私を特定しましたといわれても。。。特定されたところで会社に行っていないので、会社さきにこいつ、炎上記事かいていたぞと電話される恐れもないので。。ダメージ0.

本当にね。無職のゴミ屑を特定したところで何のダメージもないから、やるだけ無駄だよ。早くそれに気づいたほうがいい。ブログやって炎上するとこいつユーチューブやっているぞ。と鬼のクビでもとったかのように言う人もいるけど、別にユーチューブやっているのを隠しているわけでもないし、無職だからなあ。会社にばれて会社を首になる恐れもないし。どんどんあいつユーチューブやっているとブログで宣伝してくれよ。

僕はほんとに雑魚ユーチューバーだからユーチューブだけでご飯を食べていけないんですよ。そんなにユーチューブやっているぞというのを周りに広めたいなら過疎っている二チャンネルのスレッドじゃなくてももっと流行っているスレッドなりにはってくれ。。はてなの二ちゃんとか過そってて全く数字をもっていないので、貼られたところで再生回数も全く増えないし、あまり恩恵を受けることができていないのだよ。。

後、普通に社会に復帰する選択もありだとは思うけど、俺が入れる会社はブラック企業しかないし、副業も禁止で、やりたいこともすべて制限されて尊厳も奪われる会社しかない。そんな会社で奴隷のごとく生きるのは嫌だ。だったら働くにしても副業OKの派遣社員かアルバイトでしか働かない。正社員で働いていて役職もちの人からしたらそういう生き方はゴミ、うんこ、社会の底辺くらいにしか思っていないのかもしれないが、自分で底辺だと認めて、嫌な生き方を選択していないほうが自分らしく生きられるし、スキルとか能力を追い求めたところで自分より上の存在なんてきりがないのだから追いかけるだけ無駄。だから自分がストレスたまらない雇用形態で働くのも悪くないとは思う。
スポンサーリンク



最後に、
手抜き記事でバズるとにちゃんねるとかで、特定しましたとかこいつユーチューブやっているぞという方がいますが、ユーチューブ内ではヒカキンチルドレンたちからシネ、消えろ、ブサイク、キモイと毎日のように言われ、まれに殺人予告なるものも受けていますので、身ばれしたところで痛くもかゆくもないのです。

後、はてなブックマークにいる層みたいに会社で専務をしていたり係長などの重要な役職を持っている人みたいに僕は優秀でもないし、普通にいきることができないので、本当に社会不適合者、社会のゴミとしてこの日本に君臨しています。そんなゴミみたいなやつに会社で大活躍している人が本気に叩きにきてくれるなんてリアルの社会ではありえないし、ネットだから絡みにきてくれるとは、すごくファンタジーな感じがします。

しかも、けんすうさんに対して言及した記事をかけばけんすうさんがブログにコメントを残してくれるなど、えええ、あのスーパーカリスマ社長が俺のブログみてくれたああああという奇跡も起こります。要するに、ネットだと肩書きも糞もないので、いろんな人が本音で絡んできてくれるのはネットのいい面かなと思う。

だいぶ話はそれましたが、終り。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク