キーワードを考えてブログを書いたほうがいい

キーワードを考えてブログを書いたほうがいい

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

このブログもそうだけどキーワードを意識しないで書きたいこと書いていたら、競合の多いキーワードばかりの記事ばかり書きすぎてしまい、マイナーでアクセスが多く獲得できるキーワードの記事を書くことを忘れていた。ここでいうマイナーはキーワードとしては有名だけ大手サイトさんがまだ記事にしてないものである。

はちまさん、俺的さんが取り上げた瞬間一気に競合が多いキーワードになってしまうので大手が書きにくい知名度の多いキーワード記事をかくことがアクセスアップへの近道だと思う。しかもマイナーならリンクをつけず、それなりにしっかりしたコンテンツを書くだけで上位表示できてアクセスもそれなりにもらえるので被リンク対策をしなくてもいいので、もっとリンクつけなければということに悩む必要もないので気楽です。

ブログの検索順位は本当に謎だらけでドメインが弱くて、コンテンツも全然深みがないのになぜか上位表示されることもしばしばあるので、運さえあれば、
リンクがついてないブログでもアクセスを伸ばせるということもある。だけどそれでは確実性に欠けてしまうのでみんなリンクを貼ったり、コンテンツを追加したりして検索順位を上げていくという作業に万進していくのだけど。

後、ブログを運営して思ったのは検索順位はビッグワードで15位よりもミドルワードで1位をとったほうがアクセスが多い。ほんとに1位から10位に入らないとどんなキーワードでもいまいちアクセスが来ないし、書くだけ無駄だったのかと感じざる得ない。ということから、ドメインが弱いうちはビッグワード系の記事を書いてもどうせ上位表示できずに苦しむだけだからミドルキーワードで上位狙ったほうがPVを伸ばせると思うんですよね。

そしてビッグワードでの上位表示には莫大な被リンクがいるのでコンテンツでどうこうできないし、ビッグワードで上位狙って10000文字書いたのに上位表示できないときの疲労感はすさまじいものがある。しかもビッグワードで競合が激しくてせっかく上位をとったのにいまいちアクセスがこないキーワードもあるので、作業量とアクセス数が比例しない場合もよくある。そう考えると、時代はミドルキーワードでコンテンツをゴリゴリ入れまくってコンテンツの力で上位表示させることが一番効率がいいのかなと思うのです。

自分のブログとキーワード戦略。

僕もこのブログの記事は1500文字から3000字で書いていていて大体20位30位をうろついているミドルキーワードが多く、いまいち上位表示できていない現状があるので、新しい記事を書いていくとともに追記をどんどんしていかないといけない。そうしないと多分検索順位が大きく上がることはないと思う。問題は長文書いても順位がいまいち上がってこない記事があるのもあるので、リンク張りつつ、コンテンツ追加していかないとね。

もう一つこのブログでやらかしたのはブログ関連の記事を書きすぎて検索からアクセスがたくさん来るであろう、有名人や、有名ゲームに関する記事を全然かいていないので検索経由のアクセスがあまり増えないでいる。ブログで好きなことを書いて生きていくは不可能。アクセスのためには書きたくないことも書いていかないといけない。そう思うとブログをかくということも一種の労働なんじゃないのかなとさえ思えてきた。
スポンサーリンク



最後に、
ワードプレスのサイトでアクセスを集めるのに成功しているサイトはミドルキーワードであり、競合もすさまじくないキーワードで上位表示に成功しているサイトが多いかなと思う。競合がおおいキーワードで記事をかいても20位か30位になって検索からアクセスがこないで作業しただけ無駄だったということにもつながるからね。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク