文字数こそパワー

文字数こそパワー

f:id:akihiro5:20160413142939j:plain
最近ブログ運営していて思うのはどれだけバズっても
文字数が少なければ一時的な上位表示にしかならずあっという間に順位が落ちてくる。
それを防ぐには毎回毎回の記事に手抜きをせずにしっり文字数を増やしコンテンツを追加していく。
なかなかこれを実行しようと思っても記事を書くのに疲れてくるとこれくらいでいいかと手抜きをする。
皆も身を持って知っているだろうが、本気でかいた文字数が多い記事のほうが、
500文字くらいで手を抜いた記事よりは上位表示できていると感じるはずだ。
自分自身もこのブログもそうだが、他に運営しているブログも
文字数をしっかり増やした記事は上位表示を長期間にわたって維持している。
その現実を知っているというのにリンクを貼って順位を押し上げようとするのは
やっぱり苦労せずに楽して順位を挙げていきたいということの裏付けになっているのは間違いない。
本当にブログで成功するかしないかはSEOのテクニック以上に
一記事一記事を手抜きしないかにかかっていると思う。
もう一つ思うのはアクセスが伸びないからブログ塾に入るのではなくて、
しっかり自分でしっかりしたコンテンツを作りこんだ記事をつくってから
入るのでも遅くないと思う。
どうせブログ塾に入ってSEOのノウハウをしっても
コンテンツが微妙ならバズることもなく無風で終わってしまうからだ。
そうならないためにも塾に入るよりも先にしっかりしたコンテンツを作っていくことが大事。
自分もこのブログで相当手を抜いてきた記事があるのでのちのち追記して文字数を増やしていかねばならない。
ブログやっていて手をぬいた記事があるなあと思う人がいたら
暇な時間に追記なりなんでもしたほうがいいだろう。
でも追記するつまらない作業をするくらいなら新しい記事を書いたほうがいいと思うのが人の性なので
なかなか行動に移せないんですよね。
そこをどうにかしないとビッグワードで検索上位を取ることができない。
もう一つ思うのは最近長文コンテンツが上位表示を独占する流れが来ているので、
1000文字程度のコンテンツでは上位表示をとれなくなってきている。
なので最低でも2000文字、最高で10000文字以上を書いていく必要がある。
個人的な主観にはなるが2000文字を超えたあたりから割と記事を書くのが疲れてくる。
そして5000文字をこえたあたりからもういいやという気持ちが出てきて、
8000文字を超えたあたりから本当に疲れたなあという気持ちになる。
それ以上書くとだるいという感情しか抱かなくなってくる。
なのでコンテンツコンテンツといわれている時代になっても長文コンテンツが増えない理由になっているのだろう。
スポンサーリンク



最後に、
長文でリンクなしで上位表示しているサイトを見るたびにやっぱりコンテンツが一番大事なんだなと思う。
グーグルはリンクがなくてもコンテンツの力で一度上位表示すると、順位が落ちることはほとんどない。
そういう現実があるので妥協しないでコンテンツをつくっていくということは何よりも大事。
テクニックに走りすぎるとリンクを貼り過ぎてペナルティーを食らう原因を引き起こすことにも
なりかねないので、コンテンツと適度のリンクこそが最強だと思うことがある。
後もう一つ言うと初心者ブロガーがブログ運営に失敗する理由は、
SEO知識もなくてコンテンツも充実させず文字数も手を抜くので、
リンクも少なく、コンテンツの品質もゴミだったら検索順位も上がらないという結末を引き起こしてしまう。
なのでしっかりしたコンテンツつくりは何よりも大切になってくる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク