外為ジャパンFXがおすすめ。


外為ジャパンFXがおすすめ。

f:id:akihiro5:20160527120233j:plain
外為ジャパンといえば僕が2番目に使った口座である。
DMMFXだと1万通貨あたりでしかトレードできないので、
1000通貨でトレードの練習をしたかったので口座を開設した。
しかも1000通貨なので1万円という少ない資金でも
0.3LOTほどポジションがとれるので、
それなりに緊張感をもってトレードができるというのがメリットである。
さすがにたった一万円でも適当にトレードして
資金が10000円から1000円になったら落ち込んでしまうので
真剣にトレードしていきたいところである。
素人のうちは1000通貨だからwwwとおもって
見事に10000円を5000円にしてしまうというのだけど。
それが500万とかだったら資金が250万円になってわらえないわけだ。
そういう事態を引き起こさないために
初心者のうちは1000通貨でトレードするというのが日課だったりするのだが。
はじめは割と強欲でロット数を増やして大きく儲けてやろうと思うので、
予想が当たるときはいいのだけど、予想が外れた瞬間にウあああということになるので、
1000通貨でトレードするのが吉。
そこで謙虚にならずおれは天才だからあああと思って
調子に乗って大きく張ってトレードして大損こくのがFX.
何ごとにも謙虚さというのは必要不可欠だったりする。

外為ジャパンの生い立ち。

外為ジャパンはMJFXというFX業者でしたが、
業績が結構よかったため、DMM証券に目をつけられて
買収されて、名前も外為ジャパンFXという名前に生まれ変わった。
結構昔からFXをやっている人からしたら
外為ジャパンときけばああ俺が昔使っていたMJFXね。
めちゃくちゃなつかしいじゃんか。
僕自身はいまも外為ジャパンを使っていますね。
ここほどスプレッドも狭くて滑らなくていい業者は他にありませんから。
ほかの業者をつかうと平気でスプレッドだけで5PIPS超えてくるところもありますし、
利益を最大化させるために外為ジャパンFXをつかっているといっても過言ではありません。
FXの業者を選ぶ基準はスプレッドの低さ、すべりがないこと。
上記の二点を満たしているという点では外為ジャパンFXは素晴らしい口座といっていいでしょう。
自分も外為はごり押しする業者さんの一つですね。
他のクソみたいな口座をつかっていたので、外為をつかってからはほんとに良心さが身に沁みます。

外為ジャパンのスプレッドは最狭過ぎてやばい。

外為ジャパンの魅力はなんといってもスプレッドの狭さ。
アイフォレックスが2PIPSスプレッドでとられるのに対して
外為ジャパンは0.3PIPSしかスプレッドでとられないので、
利益を最大化できるし、間違えてポジっても0.3PIPSしか損しないのが魅力。
なんだかなんだ人間だから間違えてポジることはよくあるので、
スプレッドが狭いか広いかを業者選びにつかうことはとても大切だったりするわけです。
ということで外為ジャパンFXのスプレッドを紹介していきたい。
ドル円でたったの0.3PIPSという狭さ。
ユーロ円でたったの0.6PIPSという狭さ。
英ポンド円でたった1,1PIPSという狭さ。
オーストラリアドルでたった0.7PIPSという狭さ。
NZドル円でたった1.4PIPSという狭さ。
ほんと他の業者ならこれの0.5PIPSクライスプレッドが広かったりします。
そのようなことから利益を最大化させる点でも外為ジャパンはめちゃくちゃお勧めです。
とる枚数がふえれば増えるほどたった1PIPSで儲かるお金も変わってきますからね。
そう考えると手数料にあたるスプレッドは小さければ小さいほどいい。
ということから外為ジャパンFXがおすすめです。

外為ジャパン法人口座レバレッジ300倍。

外為ジャパンは法人口座レバレッジ300倍なので少ない資金で大きな枚数を持つことが可能。
しかもスプレッドも狭いままなのでアイフォレックスのような広いスプレッドではないので
利益を大きく伸ばすということが可能になっている。
そこが魅力である。
レバレッジを高くすると無理な枚数を取ってしまいかねないことにもつながるので、
普通の人は25倍のレバレッジでトレードをするべきだと思います。

外為ジャパンロスカット。

外為ジャパンもアイフォレックスのような0カットではなくロスカットが
資金の半分を割り込むと発生するのですべての資金を失う恐れがないので安心。
しかし大きな為替の変動が発生すればロスカットが上手く発生しずに追証になることも
国内口座は0カットというシステムがないので追証になるのでそれなりに危険があります。
それが嫌なら多少のスプレッドの広さに我慢して
0カットのある海外口座をつかうというのが一つの道ではないでしょうか。

外為ジャパンスワップ金利。

ドル円で8円の金利が発生します。
ユーロ円で13円の金利が発生します。
ポンド円で18円の金利が発生します。
オーストラリアドルで40円の金利が発生します。
NZドルで45円の金利が発生します。
ランド円で11円の金利が発生します。
スワップ金利については上記のような数値になっております。

外為ジャパンFXの1000通貨で毎回ぽじることのメリット。

1000通貨でFXをやれば1000PIPS損しても1000円。
逆張りではずすと余裕で200PIPSくらいやられることも少ないので、
1000通貨でまければ2000円の負けですむ。
たいてい200PIPSまけたあたりが底になっているので、
そこで枚数を増やして勝負すればたいてい負けることはないです。
逆張りをしてもそこが取れないので、自信があるところで枚数少なくしてエントリーして
予想がはずれて200PIPS逆行してから枚数ふやしてポジるのが
確実に勝てるパターン。
毎回普通に貼って逆張りをしても予想をはずすことなんてしょっちゅうなので、
毎回大きい損になりダメージをくらってしまうので、
逆張りをするときは損ありきだと思ってポジションを取っていくのがベスト。
一番いいのは逆張りなんてせずに流れにのって順張りで勝負するのがいい。
指標がいいときは素直にかって、指標が悪いときは素直にうる。
それができるかできないかでFXで退場するかしないかが決まるわけです。
でも1000通貨だと緊張感がないので慎重にポジることがないので
あまりトレードスキルは上達しないようなします。
なんだかんだ1ロットでトレードしないと損したときのダメージもわからないし、
損切もできるようにならないしで、大切なことが身につかないので、
成長しようとおもったら1ロットでトレードするべきだと思いますが。
やはりトレードは損しないと学ばないし勝利したトレードから学ぶことなどない。
FXは損した数だけ成長できるし損した数だけトレードが上手くなる。
ぼくはそういう者だと思ってトレードしています。
最初から大きくかてるラッキーなトレーダーもいるにはいるのですが、
そういう人でもいつかは痛い目にあうのがFXなので、
最初の資金がないときに損をたくさん経験しておいて、
トレードスキルを磨き、20万くらいの少ない資金を大きく増やしていくというのが理想。
要するに、損をたくさん経験して苦悩を味わい、どうしたら勝てるのかということを本気で考え、
実行するということがとても大事だったりするわけです。
それにきづけないで最初に大きい資金でやってしまうのは本当に危険なことなのでやめたほうがいいです。
何ごとも最初は謙虚にコツコツやっていくということが一番です。
億トレーダーになりたいとか変な欲望を持ってトレードすると
クソポジをポジったりしてしまっり、損切りがスマートにできなくなってしまい、退場します。
FXとは損してもいいのです。
常に同じ枚数をぽじって10回ポジった中の6回勝利すればいいだけ。
正直な話小さく9回まけても1回大きくかてれば勝率10%でも儲けられる。
いかに損を小さくして大きく勝てるかがFXで生き残ってくことで大切なことである。
それにきづけないで損切りできない秒になると500万くらいふつうに吹き飛ばします。
もう一つやってはいけない具体例をあげていきますと、
ニートスズキさんという人があっという間に億トレーダーになろうとして
アイフォレックスで400倍の口座を開き、ポジションを取れるだけとって、
たった20PIPS逆行しただけで0カットになってしまい、
500万円を一瞬でうしなってしまったのです。
しかもその500万円はクレジットカード入金なのですべて借金。
そういう恐ろしい借金でFXをやって億万長者になりたいという
欲求むき出しでトレードをしてしまうと、
無理なポジションをとるし、わけのわからんところでエントリーしてしまうわで
めちゃくちゃになってしまうわけです。
そうならないためにも最初は1000通貨で練習して勝てるようになってきたら
10000通貨に移行し1ロットで練習して勝てるようになったら
もっと枚数をふやしていくというのが理想的ではないかなと思います。
それができればだれも苦労しないのですが、
人間というのは欲まみれで億りたいという欲求を抑えられない生き物。
そういう生き物が世にあふれているのでFXで最初から勝てる人は少ないのでしょう。
でも最初は勝てなくてもよくのコントロール、トレードスキルが身に付けば勝てるようになるのがFX。
のであきらめずに退場せずにロット数をコントロールしながらFXをやっていけば
いつかはFXで成功できるという日がやってくる。
その日までいかに退場しないで生き残るかということがとても大切。
それができている人がいま相場で生き残って莫大な資産を手にいれているといってもいい。
外為ジャパンの公式サイト
      ↓


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク