一年1ブログ運営。

一年1ブログ運営。

f:id:akihiro5:20160413142939j:plain
ブログやっていると一つのブログのみ運営していると飽きてきて、
テーマを変えて新しいブログを作ってしまいがちなんだよなあ。。
中途半端な気持ちでコンテンツ作って適当にリンク張ったサイトが伸びるほど甘くないし、
複数ブログ運営にすると、
文字数も1200文字くらいでいいやとかリンクも2本くらいでいいやとか
いろいろと手を抜き初めて100害あって1利という状況になる。
なので、僕は1年1ブログに本気を出していこうという方針で行こうと思う。
と言いながら今でも複数ブログを更新しているのでその方針は明日にでもぶれるけど。

1ブログを1年間運営で書くべき記事数。

専業ブロガーとニートなら1ブログ一日10記事は書きたいところ。
10記事書くと記事の質が薄くなってしまう問題があるが、
そこは気合と根性で無理やりネタをひねり出して質を濃くしていくしかない。
プロブロガーを目指している正社員なら1ブログ一日3記事は書きたい。
そうすれば一年で1000記事を書くことができるし、
1000記事で100万PVを超えるサイトもあるので、
1年でサラリーマンからプロブロガーに転生できる可能性も0ではない。
最初のうちはブログを書くというのも苦行に感じられてしまうが、
書いているうちに1000文字なんて15分あればかけるようになり、
6000文字クラスのコンテンツでも1時間20分くらいで作れるので、
毎日記事を書く習慣をつけていこう。

何で1ブログに集中すべきか。

ブログというのはドメインにリンクがつけばつくほどドメインが強くなり上位表示ができる。
サイトを分散させれば記事数が少なくなり、リンク数も少なくなっていくので
ドメインが強くなくなって上位表示がなかなかできないということにもつながる。
だから、ドメインを強くするためにも1サイトに集中するべきである。
現実問題、検索1ページ目は人に多くみられる機会が増えてアクセスが増えるが、
2ページ目になると一気にアクセスがへるので、
一つのサイトに集中してリンクとコンテンツを充実させて、
上位表示させたほうが、複数ブログを運営していくよりも
アクセスが増えるし利益も増えるのである。
なので利益の観点からしても1ブログに集中するべきなんじゃないかなと思います。
スポンサーリンク



最後に、
1000記事書いてそれなりにアクセスが集まったら、
リスクヘッジのために他のサイトを育てることをお勧めします。
サイトはアルゴリズムの変化でいつアクセスが減るかわからないので、
保健用に複数サイトを運営しておくというのがベストだよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク