ブログは書きたいときに書く。

ブログは書きたいときに書く。

f:id:akihiro5:20160413142939j:plain
ブログを毎日書かなければいけないとか目標を立てるというしか辛くなってくる。
辛くなったらブログなんてやめようかなと思ってしまう。
そうならないためにもブログを書きたいときに書くようにすればいいと思う。
ブログを書きたくないときはブログではないことに時間を費やす。
そうしているうちに斬新なアイデアも浮かんでくるだろうし、
何を書けばいいんだろうと悩まなくても済む。
たいてい、何を書けばいいんだろうと悩んみながら書いた記事ほどつまらない。
なので、シンプルに書きたいときに書いて、アイデアが思い浮かんだらすぐに記事にすればいい。
それがブログで記事を書くということのすべてだと思う。
それかアイデアが浮かばないなら過去記事に文字数を追加して
更なる検索上位を目指す対策をするか被リンクを張ったりするのもいいだろう。
つまり、記事を書きたくないときは他の施策に時間を使うべきである。
後、ブログ引退しますという声が最近多いが、
別に引退しなくて、書きたいときに書けばいいじゃん。
ブログも日記もかわらないんだから。
ブログになると広告収入があるからいくら記事を書いても儲からないと思うと
辞めたくなる気持ちもあるだろうけど、
たかがブログ4年後に利益がでればいいというくらいの気持ちでやればいいと思うんだよ。
そうすればすぐに結果を求めなくなるから楽になれるし、まったりやろうと思える。
ブログはまったり長くやれる人が結果を出せるもんなんだから焦ったら負け。
スポンサーリンク



最後に、
みんないい記事書いてアクセス増やしていかなければという思いに支配されるから
ブログを書くというのがとても苦しくなる。
アメブロを見てみれば、適当に記事書いて書きたいこと書いて
とても楽しそうにブログを更新しているじゃないか。
本来は自分の書きたいことを書くというのがブログというものなのに、
いつしか他人に共感されることを書かないといけないというものにブログが変貌している。
それがブログを書くことがしんどくなるすべての要因なんじゃないのかなって。
話が変わるけれど、
ミクシィの日記で書きたいことを書いていた時は変にいい文章書かなければとか
いっさいおもっていなかったので文章書くのに変なプレッシャーもなくて楽だった。
思ったことを素直に自由にかけていたということなんだろう。
これができなくなったのも拡散されるいい記事を書かねばならないという思い込みからだったりする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク