DMMFXをおすすめする理由。

DMMFXをおすすめする理由。

f:id:akihiro5:20160406142218j:plain
僕がDMMFXがFXのトレードをしようと思ったのもたった5万円でドル円を1枚ポじれるからだ。しかも、スプレッドがドル円で0.3PIPSで、ユーロ円で0.6PIPSという狭さを誇る。DMMFXに比べてアイフォレックスの場合は、スプレッドが2PIPS開いていたりとトレーダーが利益をあげる上で大きなハードルになりうる事態となっている。そう考えるとDMMFXという国内業者はかなり良心的だなと感じる。後、スプレッドが狭くないとスキャルピングもできないので、機会損失が増えてしまうというリスクもそれなりに発生する。

このような理由から、FXの使う業者を選ぶときはハイレバレッジよりもいかにスプレッドが狭いかを大切にするべきである 。その部分を誤るとハイレバ業者を選んで破滅への道を進むので、低レバレッジ業者を選ぶべき。要するに目の前の大きな利益より、少なくてもいいから毎日定期的に利益をあげれるかどうかが大切。毎日を利益を生み出すには、小さいスプレッドでトレードをすることが大切になってくる。スプレッドが狭ければ、間違えてクソポジをとってもすぐに切ればいいだけなので、適当にエントリーしてもそこまで大きな痛手にならない。後、損切りも躊躇なく行いやすいので、FXトレーダーはスプレッドが狭いということにもっと固執しよう。

DMMFX一日でスキャだけで100PIPS抜いたとき。

僕自身DMMFXで初心者のときに一日でスキャだけで100PIPS抜きました。これもそれもDMMのスプレッドが最小なこととチャートが優れているからといってもいいでしょう。

もしチャートがいい加減であれば、エントリーポイントもめちゃくちゃになっていたので、ここまで大勝ちするということもできなかったでしょうね。これもすべてはDMMFXの良心的なスプレッドとチャートのおかげ。

ここからは私がFXで心がけていること。
★経済指標のときに流れに乗って大きく利を伸ばしたりするのもいいですが、DMMFXはスプレッドが狭いので指標がないときにスキャルピングをして利益を増大させよう。

★経済指標では為替が大きく動くイベントなので、指標が近づいて来たらスキャるのを辞めよう。指標が発表されたら指標結果に従ってポジションをとればいいだけ。それがFXだということを頭に入れておけば利益を伸ばせるだろう。

★お金がほしいからといって枚数を増やしすぎるのはよくない。そうすると逆行したときに損切りができなくなってしまうので、枚数は常に一定にしておくといい。枚数を常に一定にすれば損切も容易にできる。

結局FXというのは利確PIPS>損切PIPSという損小利大のゲームなので、判断を誤ったと思ったら速攻で損切り、これはナイス判断だと思ったら利益を伸ばし続ける。それができてはじめて利益を上げ続けることができるゲームだと思っている。

DMMFXのチャートは素晴らしい。

★自分で移動平均線やポリンジャーバンドを引かなくてもツールを使えば勝手に引いてくれる。そのため、いちいち面倒な作業をしなくてもいいので、めちゃくちゃ楽。

★DMMFXの線引きは自分で線を引くときよりも正確。しかも、チャート画面から経済指標の予想をみることができるので、いちいち経済指標系のサイトを見に行かなくてもいいといいので、トレードに集中すできる。それに付け加えて、ドル円やユーロ円のチャートを一つの画面でみることができるなど、一つのチャートで複数の情報を手に入れることができるという凄まじいシステム。ここまでチャートがしっかりしているのはDMMFXしかないよなと感嘆してしまう。

DMMFXのロスカット制度も素晴らしい。

DMMは資金の50パーセントを下回るとロスカットが発動されてポジションがなくなってしまうので、アイフォレックスのように0カットになることがないので、大きな損失を一気に被るということがないので安心である。

しかし、大きな変動があると追証が発動するので注意が必要である。ロスカットがなければ、人生が完全に終わっていたという人もいるだろうし、DMMFXのシステムに救われた人は多いだろう。そう考えるとロスカット制度はありがたい制度というのはいうまでもないだろう。

DMMのスプレッド一覧

DMM FX
ドル円0.3銭
ユーロ円0.6銭
ポンド円1.1銭
豪ドル円0.7銭
NZドル円1.4銭

主要通貨においてはすべてが1.5PIPSを下回るというスプレッドの低さ。しかし、雇用統計など、大きく相場が動くときはスプレッドが大きく開いていくので注意が必要である。

私も雇用統計スキャルでスプレッドが5ピップスくらい開いて大きな痛手を負った過去があるので、そのような目に合わないためにもしっかりとリスク管理はしておくべきではないだろうかと感じる。そういうリスク管理ができるかできないかがFXで生き残るか生き残れないかの命運をわける。
DMMFXの口座開設はこちらから
     ↓



DMM.com証券

DMMFXで口座を開くとキャッシュバックがある。

DMMFXで口座を開設して10万入金して3か月以内に、500LOT以上のトレードをするとキャッシュバック特典が受けられるようだ。
これは素晴らしい。勝てるところで500LOTポジって勝利すれば、儲けた利益と1万円が自分の元にもどってくるのだから。これほどFXトレーダーのことを考えてくれている業者はないといってもいいだろう。ちなみにキャンペーン期間の締め切りは2017年の5月31日になっているため、まだ口座に登録していない人は急いで登録にしよう。

dmmfxのデモ口座の素晴らしさ。

DMMFXのデモ口座は資金が500万もらえる上に本番さながらのトレードができるのでまだ本格的にトレードをやったことがないよという人がつかうにはうってつけ。なのでFXトレードのイロハがわかるまではデモ口座でどんどん損をしよう。

今はデモトレードで活躍すると豪華賞品がプレゼントしてもらえる企画がやっていませんが、2015年の10月まではデモイベントの企画をやっていたようです。また新しい企画があるかもしれないのでデモで資金を増やしておいてもいいかも。

DMMFXのメリット

◯DMMのメリット
スプレッドは業界最高レベルであり、ドル円が0.3.これより狭いFX業者は今のところは存在していない。スワップは売り買いも同じ値である。なので売ったからスワップが少ないとか多いとかという事態にはならない。

スワップは含み損益に勘定されるし、スワップのみの出金も可能である。これが一番のメリットで海外口座だとスワップだけを受け取ることができないので、DMMFXは海外口座よりも良心的であるといっていいだろう。

DMMFXのレバレッジ。

DMMFXのレバレッジは25倍に設定されており、5万円あったら1枚しかポじれないので2円逆行しても耐えれるし、仮にたえられなくてもロスカットのおかげで25000円は手元に残る。アイフォレックスならば5万円あったら20枚はポじれるが20pIPS動いたらすべての資金を失いかねない。

しかし、アイフォレックスで勝てば利益はすさまじいことにはなるが、勝てないのがFXというもの。なので最初は 大きく儲けるということを度外視して海外口座を使わないでスプレッドの狭い国内業者を使うほうがいいだろう。そう考えると25倍というのが一番適したレバレッジではないだろうか。

dmmfx 出金

DMMFXの出金はとても簡単なものとなっており、出金が楽な口座ナンバー1といえるFX口座。DMMFXでは、出金するときの手数料は0で運転免許提出などクソ面倒くさい手順もないので出金したいときにすぐに出金予約できるので勝ち逃げしやすい。アイフォレックスだと10万以下だと2000円の手数料を取られるので20万もうけなければ思っているうちに0カットされるので勝ち逃げしにくい。

FXはいかに儲けたら早く出金するかというゲームなので、出金が簡単な業者を選ぶべき。その点ではDMMは出金がとても簡単なので選んでおいて損は一切ない。後DMMFXだと出金までにかかる時間は2日、3日なのであっという間である。アイフォレックスだと一週間以上かかってしまうので、厄介である。

DMMFXでの成功体験。

DMMFXでFXをやってからは連戦連勝の日々であった。スプレッドが狭いのでうまいこと損切利できたというのが一番の大きい要素。
資金はたった5万からのスタートであったが、5万→6万→10万という感じで2倍にまでお金を増やすことに成功。

そして10万→12万→15万→18万→16万という感じになった。。16万になったのは自分のルールを破ってトレードをしたのが原因。16万→19マン→20万→25万→30万。ここでついに資金を6倍に増やすことに成功。これもこまめな利確、こまめな損切のおかげといっては過言ではにだろう。

30万→36万→42万→50万→100万。ついに100万にまで増やせてしまった。どういう手法かというと大きな経済指標の結果に逆らわずに素直に順張り。

逆張りをしたときは20PIPSでしっかりと損切するというルールをきめていた。ルールを決めていたおかげで夢の100万円に到達。
そしてここから億トレーダーへの道が切り開けたのであった。100万→120万→150万→200万。ここまで資金が増えれば大きな枚数をポジることができるので200万も簡単に突破するということに成功。

200万→240万→300万→600万。ここでユーロの利下げで6円動い時に順張りをして大勝し、資金を120倍にまで増大させることができた。600万→720万→900万→1200万。

ここでとんとん拍子にトレードがうまくいき、ついに1000万円プレイヤーに成り上がれた。

この後、資金を海外口座に移動してハイレバッジでトレードをして億トレーダーを目指すのも一つの道ではないかと思ったのはいうまでもない。ハイレバレッジで普段の枚数の3倍ものポジションを持ってトレードして冷静な判断ができるだろうかと自分自身に自問自答した結果、冷静な判断ができないという結果が導きだされたので、今現在も低レバレッジの低スプレッドのDMMFXでトレードを続行している。

僕はDMMFXに出会えてよかった。

DMMFXというすべりがなくてスプレッドも狭い業者のおかげで、スキャルピングにおいてはほぼ負けなしだし、スプレッドが狭いということは順張りで欲をかくことがなければほとんど負けることはない。

FXでトレードをする上で重要なことについて触れていきます

★ほとんどのトレーダー場合、欲をかいているからFXに負けるだけであってテクニックが問題ではない。根本的な問題は儲けたいという気持ちが大き過ぎるということ。この根本的な問題に気づけるか気づけないかが今後相場で生き残れるかどうかを左右するといっても過言ではない。

★スプレッドも神的に小さいDMMFXでトレードすれば利益が簡単に増える。なぜ利益が簡単に増えるのかについては、スプレッドが小さいということは利益がでるまでの時間がとても短く、利益が出たら勝ち逃げをすればいいだけだから。

★相場とはシンプルなものなので、複雑に物事を考えすぎてポジションを取ると相場から退場してしまう。いかに思考をシンプルにできるかどうかが相場で勝つためのコツであり、勝者のポリシー。それがわかればどんな人でも相場で生き残ることができる。

★相場が上がっているときは素直に買いのポジションを持つ。<売られているときは素直に売りのポジションを持つ。こんな単純のことができないから皆相場というフィールドから退場していってしまう。相場から退場しないためにも、シンプルに流れに逆らわずポジションを持とう。

トレードでの注意点をここで一つ。

シンプルに流れに乗ることは大事だけど、トレードをするときは自信が絶対にあるときしかポジってはいけない。適当にポジってはいけない理由は自信がないときに適当にポジったポジションは糞ポジになりやすいから。そのことを理解できるとトレードで負けなし連勝街道を歩むことができる。
相場で勝つことに大切なのは頭の良さでもなくてシンプルに物事を判断できるかできないか。そういうものなのである。

DMMFXと外為ジャパンとGMO以外の業者はスプレッドが広すぎる。

DMMFXと外為ジャパンとGMOは皆様がご存知の通り、スプレッドが狭いことでとても有名です。
本当にDMMFXはスプレッドが狭いし、ドル円、ユーロ円ともにスプレッドが0.3しかないというスプレッドの狭さ。他の業者だとドル円のスプレッドだけで0.6は開いている。このスプレッドでは利益を最大化できないという理由からスプレッドが狭い業者しか使わない人も多い。現にあの億トレーダーで有名な黒猫アイランドさんはスプレッドの狭いDMMFXとGMOをメイン口座にしていることで有名。

いかなるテクニックを持ち合わせている億トレーダーであってもスプレッドには逆らえないのだ。ということは初心者トレーダーや中堅トレーダーも相場で勝つためにはスプレッドがそこそこの相場を使うべき。そうしないと利益を最大化できないというのは自明の事実。その事実から目をそらしてはいけない。事実から目をそらす人というのは、この先ずっと貴重な利益を伸ばすチャンスを失い続けていくし、大切なチャンスが転がっていてもつかみにいかない馬鹿者として終わってしまう。

そうなりたくないなら成功者がやっていることを素直にまねをして、スプレッドの狭い口座を作るべきである。

後、スプレッドがドル円で2PIPSもある海外口座でトレードをすると1.7PIPSも利益の幅が減ってしまうので、ここが天井だというときに、もっと利益が欲しいという気持ちが生まれてしまい、利確したいのにできないという状況に陥り、利益でうまうましていたポジションがあっという間に含み損を抱えている糞ポジションになってしまいます。このような状況に陥りたくない人は、レバレッジが高く、スプレッドが広い業者を選ばずに、利益を最大化できるレバレッジが低く、スプレッドが狭い口座を選んでいくべきでしょうね。

何ごとも強欲なりすぎず、素直に欲を捨てていきましょう。欲なきものこそが勝利をつかめるというのが相場の世界なのです。そのことに気づけなければ、一生負け組としてトレーダー人生をすごすことは間違いなし。

私はそう思っていままでトレードをしてきて勝っているので、自分の言葉に二言はなし。トレードに負けて言い訳ばかりしても何もうまれないので、相場で勝ち続けている人のまねをしてみるというのも一考でしょう。勝てないうちは勝っている人のまねをしてみるのも、悪くない選択肢だよね。

最後に、DMMの良さをまとめておきますね。

■レバレッジが25倍なので無理してポジションを大きくポジりすぎることがないので、大きく負けることがないというのがメリットである。

■DMMFXはスプレッドが狭いので、利益を得るチャンスがスプレッドが大きい業者の何倍もある。

■ロスカットが資金の50パーセントを切ると引き起こされる。そのおかげでどれだけクソポジをとっても全資産を失うことがないのでハッピー。

アイフォレックスの口座をつかうとスプレッドが広いので負ける確率が大きくなるが、DMMFXの口座をつかうとスプレッドが狭くなるのでかつ確率が高くなるということはしっかり覚えておくといいのではないだろうか。アイフォレックスをいじるとほんとにスプレッドがでかすぎて損切りできなくなって、大きな負けにつながることなんて山のようにあるので、スプレッドが狭いDMMFXが天国に見える。

DMMFXの口座開設はこちらから
     ↓



DMM.com証券

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク