svchost.exeとの戦い。

svchost.exeとの戦い。

低スペックPC容量2GBのPCを使っているのだけど、
svchost.exeのみで600000KBのみを使ってしまい、
PC使用率が100パーセントになってしまい、パソコンが使い物にならないので、、
PC起動させたら基本的にsvchost.exeを停止させることで忙しい。
厄介なのは一度消したsvchost.exeが何度も何度も復活してきてうっとおしい。
しかもsvchostを停止させてもグーグルクロムを起動させると、
PC使用率が50パーセントを超えてしまう。
なのでそうなってしまったときに僕がなにをやっているのか書いていきたい。
グーグルクロムが重たいときはまずタスクマネージャーを開いて、
chrome.exeを右クリックしてやって、関係の設定をクリック、
そうするとすべてのプロフェッサー、CPU0、CPU1が出てきて
すべてがクリックされている場合は2つはずして
CPU0かCPU1のどちらかがクリックされている状態にする。
そうするとPC使用率100パーセントで
フリーズしていたPCの使用率が10%までおちて
クロムもさくさく使えるようになる。
そういう面倒くさいことをしたくないならハイスペックPCを使うべきなのだけど、
低スぺPCが壊れて使い物にならなくなってから
ハイスぺPCに乗り換えようと思っている。
スポンサーリンク



最後に、
svchost.exeのプロセスを終了することを繰り返していると
PCが真っ白になる。その後終了させたsvchost.exeが復活してくる。
そしてまたパソコンが重くなるというループが15分以上つづくのである。
もう一つみられるのはsvchost.exeの終了を繰り返していると、
windowsの非だ下のマークと下のバーが全部消えてしまい、なにも出来なくなる。
そうなったら再起動させてやるしかない。
割と大変なのでいらいらが半端なかったりする。
こんなにいらいらするなら新しいPCを買えばいいと思うのだけど、
まだ使えるのだから新しいのはまだ早いと思うと、なかなか新しいPCの購入に踏み切れない。
2年前3万円のPCをかったのだけど一年でウィンドウズが起動できなくなってしまい、
修理にだしても5000円とられると思うともったいなくて修理にも出していない。
それ以来PCを買っても1年で壊れるんじゃないかという恐怖に支配されている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク