自分が生きているのが辛いと思った瞬間。

自分が生きているのが辛いと思った瞬間について書いていきます。

何と言ってもタイプの女性に告白して振られるときが一番つらい。

恋愛というのは努力云々でどうこうでできないもの。
そして自分の欲求がことごとく相手にはねのけられる。
何度も何度も自分の欲求が相手にはねのけられると気付くことがある。
自分の欲求や夢というものはかなわないものなんだな。
特に恋愛というものは他人ありきだから努力でどうこうできる問題ではない。
そう悟ると振られたらすぐに諦められるし人に対する執着がなくなるので楽になる。

FXで一日で20万を失ったとき。

FXに出会い、ついにハイレバレッジのアイフォレックスに手を出してしまった。
そしてたった二十万で60枚ポジって予想を見事にはずして、
一日で二十万円をすったとき。
その時はクレジットカード入金をしていたため、
支払いの20万円を今すぐ払うわけではなかったため、
少しは心が救われたが、支払日が近づいてくると
20万を失うという恐怖がリアルに自分に忍び寄って来る。
そしてクレジットカードの支払いのために銀行通帳に入れておいた20万円が
引き落とし日に見事引き落とされて、20万円がなくなったときは、
俺はなんのためにあれだけ頑張って労働したのだろうと思った。。
とにかく残ったのは虚無感のみである。

アフィリエイトに初めて挑戦したとき。

アフィリエイトで儲けようと毎日ブログの記事をかいていたが、
一向にアクセスが集まることはなく、疲労のみがたまっていく。
このまま記事を書いていて何の意味があるのだろうかと自問自答ばかりしていた。
そして1000記事に到達しても一日1000PVも集まらず、
アフィリエイトで稼ぐって無理ゲーじゃないかと思ったとき、
人生に少しばかり絶望して生きるのが辛くなった。

就職活動が上手くいかなかったとき。

僕も就職活動をしているときはとにかくつらかった。
リクルートなどの求人営業系の会社を受けていたけど、
一向に内定をもらえることはなく、
自分の入りたい会社に入ることができなかった。
その時思ったのは、
自分で金も稼げないし入りたい会社にも入れないし自分の人生終わりじゃん。
だけど、よく考えてみると世の中の会社は求人系の会社だけではないわけで、
視野を広げて他の業種を受けたらすぐに内定が出てしまった。
なので、あまりこだわりを持ちすぎるのはよくないんだなと悟った。
スポンサーリンク



最後に、
自分の思っている通りに人生は進んでいかないし、どこかで人は挫折する。
挫折しているうちにいままでのこだわりとかどうでもよくなってきて、
他にも選択肢があるんだなと気づくことができる。
そう気づくまでが辛かったりするんですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク