ブログの手抜き記事について

ブログ手抜き記事について

f:id:akihiro5:20160411123450p:plain
ブログを毎日更新しようとすると割と手抜き記事が増える。
それはブログなんて適当いいという気持ちの表れなのです。
他者に情報を届けたいからブログを始めたという初心を思い出して、
ブログだからこそ読み手にいい情報を届けたいと思って記事を書くべき。
ということで自分の思う手抜き記事とはなんなのかについて書いていきます。
文字数が1500文字以下の記事。
誰でもかけそうなありきたりな記事を書いている。
わざわざ記事にしなくてもいいことを記事にする。
ニュースサイトに書いてあることをリライトして書く。
検索上位に来ているサイトをリライトしてしまう。
文字数が500文字を切ってしまい、中身もほとんどない記事。
写真と動画だけであたかもコンテンツが充実しているかのように見せかけている記事。
というところだと思います。
逆にこういうコンテンツを書けば深みがあるんじゃないか一覧について書いていきます。
このコンテンツはまだネットに出回っていないだろうなということを記事にする。
散歩とかよりも旅行系の記事。
ホットエントリーしている記事よりも情報量と文字数を増やす。
自分しか知らないであろうということを記事にする。
食レポの記事も食べログの感想よりは深みのある記事にする
というところではないでしょうか。
ということで、
自分が上げた手抜き記事の条件とこういう記事を書けば
深みがでるんじゃないのかについて一つづつ言及していきます。

文字数が1500以下の記事については

なんだかんだ言いたいことだけを書くと結果論しか記事に書かなくなるため、
大切な説明を全部はしょってしまうことになって、
読者からしたら結果も過程もしっかりしりたいのに、
なんで結果しか書かねえんよ薄い記事乙と思ってしまうわけです。
なので結果にたどり着くまでの過程をしっかりと書いていきましょう。

誰でもかけそうなありきたりな記事を書いているについては

ネットに転がってそうな情報をわざわざ記事にしてしまうというやつです。
せっかく記事にするなら似たり寄ったりでもいいから
既存の記事よりも深みがある記事を書いていくべきでしょう。
そうしないと検索上位に表示されることもないですし、
ブログを読んでいる人からはゴミをまき散らすんじゃないとののしられる。

わざわざ記事にしなくてもいいことを記事にしているということについては

初心者ブロガーにありがちな、今日は学校が楽しかったとか、
身内にしか楽しめない記事を書いてしまうということ。
第三者からしたら同じ学校にいっていないわけで何の話だか分かりません。
そういう身内記事よりも皆が共感できそうな記事を書いていくということが大事。

散歩とかよりも旅行系の記事について。

旅行系の記事は自分が言ったことがない土地の情報を知ることができるので
面白いです。なので読者もついつい読みたくなってしまうので読んで損はないよね。
逆に地元の公園に散歩にいったとか人生だるいとかだと、ありきたりすぎて
読んで時間を無駄にしたぞ。ぼけええええといいたくなってしまうので
読者離れが進むことまちがいなしなので極力やめておきましょうね。

ホットエントリーしている記事よりも情報量と文字数を増やすについては

なんだかんだホットエントリーしている記事は情報量と文字数が多い。
ホットエントリー記事に勝つにはそれを上回る情報量と文字数が必要不可欠。
あとはホットエントリー記事よりも斬新で刺激的な記事を作り出せるか。
そのポイントはとても大事じゃないのかなとおもうわけなんですよ。

自分しか知らないであろうということを記事にするについては、

ブログというのはみんな自分の知らない情報を求めにきているわけで
ありきたりな情報を見に来ているわけではないんですよ。
なので読者の期待に応えるためにも自分しかしらないスペシャルな情報を書いていこう。
こういう自分しか知らないという記事がホットエントリー入りしやすい。
ニュースサイトに書かれていることについて記事にしても
極論ニュースサイトをみればすべてが解決するわけで個人ブロガーが書くべきではない。
個人ブロガーはじぶんにしかかけないことを記事にしていくべき。

検索上位にあるサイトをリライトすることについては、

リライトするだけでは上位サイトには勝てないので、
リライトプラス上位サイトに足りないコンテンツをしっかり追加できるかどうかが
上位表示への一番近道ではないかと思う。

文字数が500文字以下を切っていて中身もほとんどない記事については

500文字を切ると本当に手抜き記事だと思う。
500文字以下でしっかりしたコンテンツを作ることは無理。
基本事実を書いて終了で自分の考えもなにもかけないで終わる。
なので最低でも1500文字はほしいところだよね。

食レポの記事も食べログの感想よりは深みのある記事にするについては

せっかく食レポ系の記事を書いているからには、
ブログの記事の内容は食べログ以上の情報を書いていきたいところ。
食レポ記事を作っているからにはライバルは食べログさんなので、
アクセスを増やそうと思ったら食べログより上位表示しないと話にならないので、
食べログを超えるコンテンツ作りはしていきたいよねという話。

写真と動画だけであたかもコンテンツが充実しているかのように見せかけている記事については、

正直文字を書くのが面倒くさくなってしまうと写真だけや動画だけで記事を終わらそうとします。
グーグルの検索エンジンは文字のみを検索順位の評価対象にしているため
写真や動画のみでは上位表示できないのでしっかりと文章をかいていこう。
最後に、
自分が本気になって書いた記事はおのずと文字数が増えていくし、
てを抜いた記事はおのずと文字数がへっていくでしょうね。
スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク