チルドさんのブログが内容が薄いといわれている件で感じたこと。

チルドさんのブログが内容が薄いといわれている件で感じたこと。

チルドさんのブログを読んで思うのは
内容が薄いとか薄くないとか
そういう次元じゃなくて
言いたいことだけしかブログに書かないから
文字数が少なくて薄く見えるだけで、
自分の言いたいことを
しっかり書いている分、
読みやすいいし言いたいことが
伝わってくるし好きだけどなあ。
逆に内容を濃くしようと思って
記事を書いているブログって文字数が
長ったらしくて
早く結論といいたいことを知りたいのに
全部読まないといけないのが
めんどうくさい。
だから、
チルドさんのブログが人気があるのは、
長文ブログに飽きてしまった
はやく言いたいことと本音が
知りたい層なのではないだろうかと思う。
後、ツイッターだといいたいことだけかいて
文字数が少なくても薄いといわれないが、
ブログだといいたいことだけかいて
文字数が少なくなると薄い、
読む価値がないといわれる。
今の時代、いかに早く短時間で情報を得ることが大事なのに、文字数が少ないだけで、読む価値がないというのは
時代に逆行している気がするけどね。
ツイッターが流行ったのだって長文読むの面倒くさい、
短文で短くまとめてくれという
ユーザーが多かったというのが理由だし、
ブログも長文だらだらより、
短文スッキリスタイルに変わっていくべきだと思う。
本当に内容薄い云々層に
気に入られるために長文を書いて
自分のポリシーを曲げるくらいなら、
言いたいことだけ書いたほうが、
ブロガーらしいよね。
でも文字数を多くするとメリットもある。
文字数を少なくすると
説明をはしょってしまうので、
伝えたいことが誤解されてしまい、
炎上することが多くなる。
なので、誤解されたくないよという記事は
文字数を増やして記事を書くほうがいいだろう。
スポンサーリンク



最後に、
内容が薄いとか薄くないと感じるのは個人の主観によるものがでかいから、
内容が薄いといわれたから無理に文字数を増やす必要なんてないんだよね。
自分がこの記事はこれくらいの文字数でちょうどいいと思えばそれでいいし、
この記事はもっと文字数を書きたいと思えばかけばいいんだから。
せっかくブログやっているんだから
批判の声に耳を傾けて自分のスタイルを曲げたらいけない。
後、どんなに批判がこようが、
ブログには自分の思ったこと、書きたいことを書いていく。
それが一番ブログが長続きするし、
書くねたがないなあと悩むこともなくなるからね。
ありきたりなことはブログに書くなという意見もあるけど、
ありきたりなことを書いていくことがテーマなブログもあるわけで
他人のブログのテーマを否定するのはおかしいんじゃないのと思うわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク