ブログ記事を書くということ。

ブログ記事を書くということ。

f:id:akihiro5:20160411123450p:plain
ブログで記事を作品と表現している人もいますが、
そんな堅苦しく思わずに自分の言いたいこと感じたことを適当にかけばいい。
炎上を恐れて書きたいこともかけないならブログやる意味なんてないんだから。
炎上は悪いことではないし自分以外のその他大多数の人間に意見を受け入れられなかっただけ。
大多数の人間に受け入れられる記事がすばらしいのか?
僕はそう思わないね。
毎回毎回全人類が好むような記事を書こうと思うと
ブログを書くのが苦痛になって嫌になってくる。
その苦痛の中でかいた記事を作品というのはなんだか違う気がするんだよね。
後、炎上したときに言われるのは文章が稚拙でへたくそということを言われるんだけど、
たかだかブログにそこまで文章力を発揮しないといけないのさ。
ほとんどのブログが文章力なんて気にしないで適当に書いているし、
人を叩こうとするときだけ文章力云々を取り上げるのはせこいよね。
まあ、文章力しか叩くところがないからそういうんだろうけど。
はてなで駄文連発して思いっきり叩かれた僕がいうのはなんだけど、
プライベートを切り売りしたりいまの自分の現状をさらけ出しているブログって
文章はうまくないけれど、内容が魅力的だから、つい読んでしまうんだよね。
だからブログを書くときに大切なのは、
文章力をきにするんじゃなくて何を書くかだと思うんだ。
文章力があっても自分が空っぽじゃあ人を引き付ける記事はかけないと思うんだよね。
だから自分を偽らないで自然体の自分を出して記事にすれば、面白い記事になると思う。
自分をかっこよく見せようとしたり偽りの自分を演出すると、
すべてが妄想になってしまい、自分自身を出せなくなり、説得力がない文章になる。
そうならないためにも、他人にどう思われようが、気にしないで、本心をしっかり書く。
それができているブロガーは炎上ブロガーといわれるけれど、
はあちゅうさんも、イケダハヤトさんも本音でブログを書いているから、
アンチがまた読みたいと思うし、読んでいて引き付けられるものがあるんだよね。

スポンサーリンク



最後に、
アンチにどんだけ叩かれようが、自分のスタイルを変えずに
書きたいことをずばずば書いている人がプロブロガーになっているという現状がある。
だから人気ブロガーになりたいよっていう人は、
炎上をおそれずに自分の本音をブログに書いていくべきなんじゃないのかなと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク