ブログ塾の本来あるべき姿。

ブログ塾の利益モデルとは。

f:id:akihiro5:20160413142939j:plain
最近多いブログ塾の利益モデルについて説明していきたい思います。
月額10000円でブログで儲ける方法を教えます集客している方がいる。
其の方は自分が利益をあげるためにブログ塾をやっているだけで、
塾生を儲けさせる気持ちなんてさらさらない。
実績が400記事ほどで
月刊PV80万ほどでアドセンスの収益が9万くらいしかない人の塾に入る人もバカだと思うけど。
こういう詐欺師にだまされてブログ塾に入って稼げないことで、
騙されたときづいて自分で頭を使うようになるから安いしだまされてもいいんじゃないかと思う。
だけど、確実にブログ塾に入る人はお金を失うわけで詐欺みたいなもんだわな。

ブログ塾はこうあるべき。

個人的に理想のブログ塾とは、
月額でお金を徴収するより、塾生にブログで利益が出るようにしっかりとコンサルして、
儲けた利益のうちから3から4割の値段を徴収するものだと思っている。
そういうしっかりした指導をすれば塾生も教える側もWINWINになれるから理想的である。
でも上記の方法を取ると教えられる人数にも限りがあるわけで、
情報弱者を集めて役に立たない情報を売りさばいたほうが儲かるという現実。
後は塾生が儲けてやり方を知った後に
儲けた利益の4割を払わないかもしれないということもないわけではない。
そういうリスクがあると思うと、儲かる方法を売ったほうが安心。
だから情報を売るビジネスというのはなくならないんだろうね。
見ず知らずの人にコンサルしてブログで儲けた利益の4割を払わずにバックレる可能性も0ではないから、
最初にお金を徴収しておかないと割にあわない。
そして、
まっとうなコンサルをしても利益の4割を払わない人に当たれば、
コンサルする側がただ働きさせられる恐れがあるので、
見ず知らずの他人より仲のいい知人にコンサルして4割の利益をもらうほうが安全だと思うので、、
普通の感覚ならネットの見ず知らずの人よりは身近の人にコンサルをする道を取るよね。
上記で述べたように、身近な友人しか約束を守らないという現実があるから
情報をうれば確実に利益が上げられる情報販売に走る人が多いのではないだろうか。
最後に、
ブログで儲ける方法を教えてもらうならネットで情報販売している人よりは、
身近でブログで儲けている人と仲良くなって、3から4割の利益を払うからといって
教えてもらう方が確実に儲けれるようになるでしょう。
そういう人脈がないよって方は儲けているサイトを研究して、利益の仕組みを1から調べるしかないです。
正直儲ける方法をただで教えてくれる人はこの世にいないので、儲ける方法を教えてもらおうとしたら、
自分が相手にどれだけのメリットをもたらすことができるのかと提示することが大切なんじゃないかな。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク