ニートは暇なんだから起業しろという意見に物申す

ニートは暇なんだから起業しろという意見に物申す

ニートは後が残されていないから本気で行動して起業すれば成功するかもしれないけれど、
ニートにも種類があるわけで
中卒ニートでプログラミングも行動力もなく、学力もない能力皆無の人や、
高卒で大学受験に失敗したけれど、それなりの基礎学力を持っている人や、
大卒でプログラミングや基本的な学力を持っている人や、
企業で3年勤めてなんとなく仕事を辞めた人など様々なわけ。
僕がこの中で起業したらうまくいくのは二番目から4番目まで。
一番上の人は自分で基礎学力をつけて会社に入社して修行したほうがいい。
二番目の人は就職経験がないけれど、それなりに基礎学力はあるので、
考えれば誰もやっていないようなアイデアを思いついて実行すれば成功するかもしれない。
3番目の人はプログラミングができれば会社に就職しなくても
アプリ作ったり、ブログメディア作って広告収入で食っていける。
4番目の人は営業やプログラミングもできれば、普通に起業しても余裕でうまくいく。
一度就職しているわけだから業種をかえて心機一転再就職してもいいかも。
正直な話、ニートで行動力も基礎学力もスキルもないで起業しろは無理だね。
世の中そんなに甘くない。
経験が全くない状態で起業しようと思ったら
サラリーマンが知らないような知識やサラリーマンが取得していないスキルを持っていなければいけない。
上記のような知識やスキルをもっていれば就職する必要もないしすぐに起業すればいい。
自分にはサラリーマンより優れたスキルがないとおもったり、
自分に自信がもてなかったり、今すぐどうしても起業したいわけじゃないなら就職するのが得策だろう。

スポンサーリンク



最後に、
ニートだから失うものがないからという人がいるが、
確かにニートは失うものがないけれど
スキルがないニートがいるということを忘れすぎなんじゃないのかな。
ニートだから起業しろというけど、スキルもなく借金して起業なんてしたら、
ニートはただでさえ再起不能なのにさらに再起不能に追い込まれてしまう。
そういう最悪のシナリオも起こりうるということを決して忘れてはいけない。
個人的には、ニート→フリーター起業でもいいと思うし、
ニート→フリーター→正社員→起業でもいいと思う。
何ごとも起業したいと思って焦るよりはコツコツやったほうが上手くいくと思う。
焦っていると見えるものまで見えなくなるからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク