ブログで記事を書くときのコンテンツ作りで大切なこと。

ブログで記事を書くときのコンテンツ作りで大切なこと。

f:id:akihiro5:20160411123450p:plain
基本的にグーグルに価値のあるコンテンツだと認められるには、
リライトを一切しないで、自分の思っていること考えていることをしっかりと文章に盛り込むことが大事。
割と、文章を考えるのが面倒なときはリライトに走りがちになってしまうけれど、
そこは我慢して自分で記事を作っていこう。
後、検索上位に来ているサイトと同じことを書いても、
ユーザーは一度見たコンテンツだと認識しているので、
フェイスブックやツイッターで一切拡散してくれない。
なので記事を書くときには、書こうとしているテーマをグーグルで検索して
検索上位の記事を見ていき、検索上位の記事と差別化を図っていく方がいい。
どんな読み手だってありきたりなことばかり書いてあるブログよりは、
自分が知らない情報が書いてあるブログのほうがいいに決まっているのだから。
僕自身は楽しようとしてユーチューブの動画だけ張り付けたり、
引用コンテンツだけで記事を作って上位表示できなかったことを体験してから、
独自コンテンツ、検索上位と差別化を図るということを徹底している。
感想文を記事にするにしても独自な視点で感想を書くべきだし、
レビュー記事を書くにしても他の記事と違う視点でかくべきである。
とにかく、自分だけにしかできないオリジナルな書き方をしていこう。
ブログを運営しているとテクニックに走りがちだけど、
記事の内容をよくすることもSEOの一環なのでしっかりと書いていくしかない。
悪い例としてあげられるのがアメーバブログ。
文字数をカバーするために無駄に改行して頑張って書いているだろうアピールをすること。
そんな改行だらけの記事を拡散しようなんて誰も思わないし、
芸能人ブログじゃない限り、改行だらけの文章をまた見ようと思うことはないだろう。

スポンサーリンク



最後に、
文字数を増やすことも大事なんだけれど、だれも知らないような情報を記事にすることが大事。
グーグル=リンクなので文字数を増やしても拡散されなければリンクは集まらない。
文字数が少なくてもいいので、拡散したくなる魅力的なコンテンツを作っていこう。
最終的なゴールは文字数も多くて拡散されそうなコンテンツを作っていくことである。
ブログでアクセスを稼ぐのは本当に難しい。
SEO知識があってもいいコンテンツが作れなければ記事を拡散することができないので、リンクを集めることができないことにもつながり、
上位表示ができない事態を招く。
そして、テクニックだけで語れない世界だからブログ運営は面白い。
SEOに関しては下記の記事を参考にしてもらいたい。
www.anizm.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク