自分の正義を貫くために。

f:id:akihiro5:20160416193432j:plain
熊本で震度7以上の地震があり、大けがをして血液を必要としている人がいると思うと、
献血に行かなければならないと思い、献血に行ってきた。
献血は痛いし体調が悪くなるので行きたくなかったが、
ここで行かないと自分勝手で自己中心的な自分になってしまう気持ちがして
自分の正義を貫きたいと思い、献血に行ってきた。
5年前の震災では他人事のごとく1万円くらいの募金しかしなかったし、
献血には1度も行ったことがなかったけれど、
今回の震災で生死をさまよっている人が僕が一回献血にいくだけで、
命が救われるなら行かないといけないと思ったし、
誰かが行くから俺はいいんじゃないかいと少し心がよぎったが、
その気持ちに打ち勝ち、見事に献血に行き自分の正義を貫けた。
献血ルームに行って思ったのはいつもより混んでいる。
熊本から結構離れた愛知でも熊本の震災のせいで
生死をさまよっている人を救いたいという人がこんなにたくさんいるんだなと思ったら
少しばかり日本人も捨てたものじゃないなという気持ちになった。
でも震災後でもこんだけしか献血しようという人はいないんだと思うと、
誰かのために損得勘定抜きで動ける人間は少ないんだなという気持ちにもなった。
だけど、今日献血に行ったおかげで、誰かが救われたんだなと思うと、
誰かに感謝されなくても心がすごい充実している。
たった一回の献血だけど自分がいかないと誰かが命を落とすと思うと、
行きたくないけど体が自然と動くもんなんだなと思ったし、
自分にも正義の心がまだ残っているんだなと思った。
それと同時に献血はほんとに辛いなって、
400ミリリットルの血を抜かれると毎度体調がすこぶる悪くなる。
それがトラウマになっていきたくなくなるのだけど。

スポンサーリンク



最後に、
東日本大震災のときにご冥福お祈りしますだけを言って何も行動しなかった自分が今では恥ずかしい。
ただ福島で地震がおきた。自分には関係ないと思い、献血やボランティアにもいかなかった。
だけど、今回は献血にも行けたし、人の役に立つことができたと思う。
何で行ったかというと
今献血に行かないで何もしない人間になったら、
後で後悔しそうだし、自分が自分勝手な人間になり、どんどん腐っていきそう気持ちがしたから。
そういう自分勝手な一面を変えたいから献血に行きだしたというのもあるので、
誰かのためといいながら自分のために行っているというのもある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク