宗教に対する僕の考えを書いていく。

宗教に対する僕の考えを書いていく。

f:id:akihiro5:20160416152526j:plain
僕は名古屋学院中学出身で中学生のときからキリスト教の教育を受けてきたけれど、
クリスチャンではない。
キリスト系の教えの通り自己犠牲的な考えを持って行動することは、
他者の命を救う上ではとても大切だとは思う。
だけど、僕は宗教をキリスト教しか知らないし、他の宗教がどういうものか
どういう理念があるものかはいっさいしらない。
なので本当に自分にあった宗教を選択して自分の生きる糧にしていきたいなら
この世の中にある宗教の歴史から道徳まで全部勉強して、
俺にはこの考えが適しているというものを選択するのが一番だと思う。
宗教信じている人の悪い面は一つの宗教しか勉強していないのに、
他の宗教はクソだ、ゴミだ。でたらめだというところだと思う。
しっかりと歴史も伝統も教えも勉強していないのにどうしてゴミとかクソとかわかるのだろうか。
ただの思い込みではないのかと思う。
最近すごく思うのは信仰しているだけでその宗教をたいして勉強していないというのは本当に怖いことだと思う。
しっかり勉強して教えを理解していないと、教えを自分勝手な考えで解釈して、
本来人を助けるためにある教えを自分が救われるためには人をきづつけてもいいと判断してしまうからだ。
よく信じる者は救われるといわれるけれど、信じているだけじゃ、何の意味をもたない。
一番大切なのは教えを信じるではなく、理解して、人を助けるために行動することではないのかな。
教えを理解していないと教祖がいなくなった後、団体のトップがこうするべきだといえば
それが間違っていても反論することなくすべてが正しいというイエスマンになってしまう。
次第に自分の考えている正義なんてものは忘れてあの人がいうことはすべて正しいという人間になっていく。
でも信じて考えないで生きるほうが楽だからそういう生き方は否定はしない。
最近取り上げられることが多いイスラム教は一部の人たちが勝手に拡大解釈して恐ろしいものだと思われているが、
しっかりイスラム教の教えを理解し、道徳を理解して自分勝手に拡大解釈をしていなければ、
恐ろしいものでもなんでもない。
ただ、教養がなくて、他者を救うために宗教を信じるのではなく自分が救われるために宗教を信じた瞬間、
他者をきづつけてでも自分さえ救われればいいと思ってしまうので危険である。

スポンサーリンク



最後に、
一つの宗教を信仰し続けるのもいいとは思いますが、
人間として生まれてきたからには様々な宗教を勉強するのも面白いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク