youtubeでチャンネル登録者数1745人に到達するまでの経緯。

youtubeでチャンネル登録者数1745人に到達するまでの経緯。

f:id:akihiro5:20160410182138p:plain
エンペラーキムラ – YouTube
これが私の自慢のチャンネル。
チャンネル登録者数1745人という過疎youtuberではあるが、
毎日2000再生くらいは動画を上げなくても再生されるようにはなっている。
なんたって動画3500本も上げたからね。
毎日すべての動画が1再生されれば毎日の再生回数が3500回行くはずなんだけど、
過疎っているため、そう思い通りにはことが運ばない。
ということで本題のyoutubeでチャンネル登録者数1745人に到達するまでの経緯について書いていきたい。
2013年ころユーチューブに動画を投稿すれば金になるということを聞き、
お金がほしいからとりあえず動画でも投稿してみるかと投稿をしたのであった。
そして、シバターさんがヒカキンの本がクソだと炎上していたので、
まねをしてヒカキンは面白くない、俺のほうが面白いという動画を上げたら、
キッズがコメント欄で黙れデブ、面白くないわ、消えろとコメントされる。
そしてその動画が1000再生を突破し、100円を手に入れる。
そのときの私は動画一本上げるだけで100円かよ。
ぼろもうけだなと思い、動画を上げ続けた。
そしてユーチューブで動画を投稿してから転機が訪れた。
一つの動画で再生回数が70000回超えたりしたのだ。
そして動画での利益は7000円であり、チャンネル登録者もその動画で30人くらいは増えた。
しかし、伸びたのはその動画だけで、動画を上げるも上げるも再生回数を上がらず低空飛行であった。
そしてはじめて2年くらいから動画を上げるのが面倒になってきて、
3か月に4本くらいしか挙げなくなった瞬間、
月8000円くらいあった収入は月4000円くらいに落ち込んでいった。
いうなれば動画投稿をするも再生回数が伸びないので投稿意欲が失せていっただけである。

スポンサーリンク



しかし失せてもいつか有名になれる日を夢見てユーチューブチャンネルを消す覚悟はできない。
俺もいつかはヒカキンさんみたいに有名になるんだという大きな大志を抱いているからだ。
はじめしゃちょーの人気もいまだけだ。俺がいつかは抜いてやると心の中ですこしはおもっている。
しかし、動画投稿をしたせいで、二チャンネルでバカにされたりブログで誹謗中傷されたり、
さらし者になってしまったので、DISられたりさらし者になりたくない人は動画投稿しないほうがいいだろう。
俺はどんだけバカにされてもお金がほしいし、アンチが増えようが有名になれればそれでいいと思っている。
はてな民のみなさん、チャンネル登録してください。僕にお金を恵んでください。お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク