人生適当に生きる

人生適当に生きる

ビッグになりたいとか大物になりたいとか思ってもなれないし、
無理してやりたくないことを頑張って自分を見失っても
苦しいだけで人間として成長できるわけでもない。
我慢する力は身につくだろうけど、
自分で考えて行動しているわけではないから
思考力も停止しているし、成長はしないだろう。

だったら後先考えずに今やりたいことだけを頑張ってみて
だめだったらあきらめずに何度も挑戦する人生のほうが楽しい。
なんでもかんでも我慢すれば成長できると押し付けるのは
自分の思い込みでしかないのだから。

人生なんてプランなんて立てて生きようとしても
人は苦しいことがあったら逃げ出したくなるし、
そこで逃げ出した瞬間に自分の立てたプラン自体が崩壊してしまう。
そどうせ崩壊してしまうならノープランで感情のままに生きたほうがいい。
一度しかない人生なのだから感情のままに生きてもいいと思う。
感情を抑え込んでいやなことをやって気づいたら40歳にはなりたくないだろうから。

自由に行きたくても生きられないと反論する人もいるだろうけど、
反論するならあなたは我慢して嫌なことをするというのが
自分のやりたい生き方なんだろうからいいんじゃないかなと。
反論するということは自分が正しいと思っているからするわけだから。

適当に生きて仕事をしていないといつから働くんだ?と圧力を受けることもあるが、
自分が働くのが苦しいからって人に押し付けるのはやめてもらいたい。
他人に価値観を押し付けて自分がやっていることはすべて正しいと思い込みたいだけだろう。
そういう人も鬱になれば仕事を辞めて無職になるし、仕事をしていない人を見下すのはよくない。
人間の本能としてだれかの上に立ちたいという気持ちがあるから見下してしまうのだろうけど。

最後に、
ホリエモンもいっていけれど、好きなことを仕事にするために起業して失敗したらなんども起業すればいい。
失敗したって死ぬわけでもなんでもないのだから、リスクを恐れていたらだめでしょと思う。
死なないならリスクなんてものは0に限りなく近いわけなのだから。
だったら挑戦したもの勝ちなんじゃないのかと僕は思うけどね。
それくらい周りをきにしないで適当に生きれれば幸せになれると思う。
日本人のほとんどが周りがこうだからとりあえず就職して働くという選択を取っている。
どちらが正解はひとそれぞれだろうけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク