選択肢がないから頑張れる

選択肢がないから頑張れる

人生あれもこれも選択肢があると頑張れなかったりする。
これを本気でやるしか道がないくらいの状況だとすごい頑張れる。
このことにしがみつくしかないんだよというくらいの感じになればいい。
一つのことを頑張ろうと思ったらそれ以外の道を捨てて
もうどうしようもないという状態に持っていくと頑張れるだろう。
何か保険をかけておこうという気持ちでやると
なにもかも中途半端になってしまうことのほうが多いんじゃないのかなと思う。
失敗したら負け組かもしれないけど何度でも挑戦すればいいだけだ。
ブログにも同じことが言えて仕事をしないで毎日ブログばかり更新していれば
記事数も兼業の人よりかけるだろうし、なにしろアクセスも増えるだろう。
そう考えると何かに絞るからうまくいくっていうのがブログ更新の世界なのだろう。

ブログで利益を出そうとしている人に共通しているのは
リアル社会で働くのに疲れてもう限界だと感じているということだし、
これ以上疲弊したくないからブログで稼ぐしかないんだという思いのみ。
疲弊したくない、リアルで頑張りたくないという思いがブログ更新への言動力になっているのだろう。
僕もそうだけど働きたくないからブログで頑張って記事を書くぞと思って
取り組むときが一番はかどる。
仕事を外でしてきたあとにブログを書くとなんで疲れてんのに
さらにだるいブログを書かないといけないんだとか思い始めるからね。
そしてつかれているからを理由にブログを書かずに
ブログで稼ぐということを諦めてしまうんだよね。
その時思ったのは人は同時に二つのことは頑張れないということだということだ。

最後に
ブログにおいては働くという選択肢を捨てることでブログしかないと思い込み、
本気でブログ更新にとりくむということで誰よりも作業するようになる。
要するに俺にはこれしかないんだなと選択肢を削除すると割と頑張れる。
だけど失敗つまり利益がでなければ時間を無駄にすることにもつながるので
悪い面もあったりするので、挑戦して自分が後悔しないのかどうか自問自答
することもいいんではないだろうかと思うわけです。
自分が後悔しないなら本気でやればいいし、後悔するとおもうなら本気でやらない。
それを決めるのも自分自身だとおもいます。
ブログだけで食っている
プロブロガーといわれる人は世間体を捨てていますからね。
そういう現実を見ると世間体にとらわれるってつまらないよなとは思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク