お金で幸せは買えない

お金で幸せは買えない

お金で幸せは変えないけれど不安はなくすことができる。
貯金が200万円あればあと1年は大丈夫だという安心が買える。
もし200万円なければ生活保護を受けなければいけないとか
今すぐ働かなければいけないとか心に焦りが生まれてしまい、
人生どうしようもなくなってしまうということが起きうる。
要するいお金では安心を変えるということだ。

僕自身の考える幸せは毎日自由があることだけど、
それでも生きていくためには最低限の収入が必要なわけで、
働かないでいきていくということは不可能になってしまう。
ここで働かないで毎日自由を手に入れようとすると、
収入0で遊ぶ金もなくなり家に引きこもってしまうので、
幸せからは遠く引き離されたような生活になってしまう。
しかしながら例外も存在する。
親が金持ちでお小遣いをくれるニートなどは、
仕事していなくても遊ぶ金も自由時間もあるので、
毎日遊んで暮らせてしまう。
しかも親が死んだあとは親の遺産であそんでくらせばいいわけで、
親が死んだらどうするのという理屈が一切つうじなかったりするわけだ。

結局人は生まれながらに平等ではないので持たざるものは働かなければいけない。

承認欲求の強い人の感じるしあわせとは

承認欲求が強い人だったら誰よりも仕事をして人に認めてもらうことで幸せを感じるわけだから
仕事をしないと幸せになることはできない。
そういう人からしたら自由なんていくらあってもうれしくないだろうし、
お金がほしいから仕事をするわけではなく人に認めてほしいから仕事をするという価値観で生きているのだろう。

僕も誰かに認めてもらいたいという気持ちを持っているけれど、自由もほしいと思ったり、
いろいろな気持ちが交錯してしまっている。
頑張れば頑張るほど自由な時間は無くなっていくということから、
頑張らないほうがいいんじゃないのかとか、
でもがんばらなかったらいろいろ後悔するんじゃないのとか

僕が思うに、ニートのphaさんだって自由のある生活をするには月収10万はいるわけで、
その自由という幸せを得るために10万円は必要不可欠だったりする。
そう考えると、この世に存在するほとんどの幸せはお金で買えてしまうんじゃないのかなと。
最近までお金で幸せになれないと思っていなかったけれど、
金がないからこそ金に執着してしまうという現実を直視してなかっただけかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク