ネットでサイトにアクセスを集めるということの可能性とは。

ネットでサイトにアクセスを集めるということの可能性とは。

どれだけ無名な会社でもSEO対策をして検索上位やソーシャルで売名すれば
一躍有名な会社に成り上がることができてしまう。
そう考えると会社の商品の知名度を高めようと思ったらSEO対策は必須だろう。
日本の中小企業のほとんどのホームページは一日多くて500ビューから
少なくて10ビューという間をさまよっているので、
知名度がないので待っていても客がこないという状況にある。
それらのサイトがSEO対策をして一日20万ほどのアクセスを集めることに成功すれば
テレアポなんてしなくてもお客のほうから勝手にやってくる。
結局SEO対策ができていない会社はネットで集客できないので、
人を雇ってテレアポさせるしかないという厳しい現実がある。

人件費が払えないくらいの立ち上がったばかりの会社でも
アクセスを多く増やすことに成功すれば、
テレアポをする人を雇えないけれど、
客がホームページを見てやってくるということを考えれば、
人を雇えないところをネットでカバーしていくということも可能になる。
人を雇わなければ人件費もかからないので利益も増やせるだろうし一石二鳥である。

ユーチューブにおいてもほとんどのベンチャー企業が再生回数を稼げておらず、
集客できていない状態ではある。
正直ユーチューバーは再生回数を広告収入にしか変えられないが、
いいサービスを提供している企業が再生回数を稼げば、
自社のサービスを受けようをする人が大量に発生するだろう。
しかし企業のCMみたいな動画を好んで見ようとするユーザーが少ないという事実。
その事実を覆せる企業が出てくるとアップバンクみたいに急成長する企業が出てくるでしょうね。

最後に
ネットでアクセスを増やしていくって時間がかかることだけれど。
しっかり取り組んでいくことで短期間で企業が成長する可能性を持っていることだし、
営業とか一切できなくてアクセスを集めることさえできれば広告だけで
大きな利益を出すということだって可能になっている。
そういう風に考えると今の時代、ネットでアクセスを集められることができるっていうのは
生きていく上においての一つの武器になっていくんじゃないのかなと感じる。
どちらにしろ自分にはアクセスを集めるのは無理だと思わずに挑戦してみるってことが
大事なんじゃないのかなと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク