ブログで稼ぐ方法について本気で記事を書いてみた。

ブログで稼ぐ方法について本気で記事を書いてみた。

よくはてなブックマークでブログで稼ぐ方法はという記事がホットエントリーしている記事を読んで思うのは、
稼ぐ前にアクセス増やしてドメインを強くしないと話にならないでしょってことが言いたい。
僕も初心者だったころは金がほしいからどのASPがいいとかということばかりに気をとられていたのだけど。
そんなことはブログを開設したばかりの時はどうでもいいことであってまずはどうしたら
リンクを増やして滞在時間を延ばせるかってことなんじゃないのかってことだと思う。
リンクを増やすには自演リンクやはてなブックマークなどの拡散が必須になってくるのだけど、
正直ハテブは人気エントリーに運よく入るか注目のブログに入らない限りもらえない。
しかもはてなブログ以外の運営ではハテブは基本的に自分で自演しないかぎりなかなかつかない。
だったら携帯を90台契約して自分でハテブつければいいじゃないかということも思いつかないでもないけど、
それは費用が莫大になりすぎるのとコストが重たすぎるので却下だろう。
せいぜい自分の携帯とパソコンのwifiと友達からのブックマで月1回自演できるのが限界だし、
年12回のハテブでめちゃくちゃアクセスを増やすなんてことはできないだろう。
12回すべてホットエントリー入りすれば話が別になっていくのだろうけど。

リンクをどうしてもつけるような施策はしたくないもしくは面倒だと思うなら、
コンテンツで勝負するしかなくなるけど、そうするとブログに莫大な時間を投資しなければいけないので
仕事量が増えて地獄を見ることになってしまうだろう。

そして誰しもがブログを書いて感じることがある。
1000文字くらいで疲れてきたなと感じて2000文字くらいでイライラが、
3000文字くらいから無心になってきて4000と5000を超えてくるあたりから
なにやら新境地にたっしたような気分になってくる。
そういう気分になりたくない人はリンク増やして少ないコンテンツで上位表示をさせるという施策に走るだろうね。
でもコンテンツでの上位表示に成功すれば、自然にアクセスも増えてリンクも増えていくので
時間はかかるけれど少ないコンテンツで上位表示できるときはくるだろうね。

ブログ初心者にも言及していきたい

ブログ運営初心者は記事を書いて適当に運営していけば、いつかはアクセスが増えると思っている人が多い。
正直記事をいくら量産してもアクセスをふえない。
それはなぜか記事を増やしてもインデックス数はグーグルの検索順位を評価する点ではあまり重要視されていないからだ。
なので記事をやみくもに増やすとすべての記事が検索で低空飛行になってしまい、作業してもアクセスがあつまらないという
厳しい状況になってしまうことはいうまでもないだろう。
そうならないためにも一コンテンツは2000文字以上を書いていき検索からの集客を意識すること、
そうすればコンテンツが評価されて検索上位表示されることも可能になり、被リンクも獲得できる。
初心者はイケハヤ氏のいう記事量産よりもコンテンツの質を高めるということを実践してもらいたい。
どれだけ、記事を量産しても被リンクがついていなければ日の光を浴びることはない。
そういうことを心に刻んでおくといいだろうね。

はてなブログにおける成功例について

はてなブログ運営で成功しようと思うならば一度でもいいから300ブックマ超えの大きなバズをおこさなければいけない。
一度でもバズレバ一度に読者が50人増えるということだって可能だろう。
そうすればはてな民はいい記事にはブックマークしてくれるので記事を書けばバズる可能性が高まる。
なのでいかに人を引き付ける記事を書きバズを起こせるかということがとても大切になってくるだろうね。
バズが起こらない悩んでいるならコンテンツを充実させて検索から集客する方に切り替えればいい。
はてなブログ界で有名なひとでさんとかも記事数はすくないけれど、少ない記事数で大きなバズをさせることで
読者を1000人以上獲得させることに成功しているし、バズ+コンテンツの質も高いので検索上位表示にも成功している。
とにかくはてなブログでアクセスを集めたいとおもっている人は成功者がどうやってアクセスを増やしているのかを
研究してまねをしてみるということからスタートしてみるのがいいのではないだろうかとおもう。

スポンサーリンク



最後にブログ運営とは被リンク+コンテンツ+ユーザー滞在時間+ページビューが大切になってくるので
それらのことを意識してブログをつくっていくといいだろう。
これ以上のことは必要ないし、特別なこともない。
なので地道にこつこつ時間をかけてブログを運営していくということが何よりも大切な要素になってくる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク