承認欲求をもたない生き方。

承認欲求をもたない生き方。

誰かに認められたいとかそういう感情を持って生きていると
とても生きづらく感じてしまうことが多くなってしまう。
家族や友人や親戚に認められたいから年収700万は稼がないといけないとか
思っていたりすると、やりたくないことまで我慢してやらなければいけない。
我慢して頑張ると精神がすり減っていき、毎日何のためにいきているんだろうかとか
様々なことを思ってしまうし生きづらいことこの上なかったりする。
月収20万でもいいから休みが取れる楽なところでのらっりくらりと生きていたほうが
休日は遊べるし毎日俺生きているという感覚でいきることができる。
要するに自由があればお金がなくても心は平穏なのである。
お金がないことは不幸という人がいるが、
子供はお金がなくても金を使わない遊びをして
心を充実させて幸せな人生を送っている。
子供みたいにお金を使わなくても楽しく生きれるように工夫していけば
持たざるものであっても幸福度の高い人生というのを送っていけるのではないだろうか。
将来成功するために高給激務な業界で働くと、
耐えれば勝ち組になれるかもしれないが、
耐えらなければ、無職になり、負け組になってしまうということだってありうる。
そういう現実を直視すると月収20万完全週休2日制のところで
ゆっくり自分に負荷を与えずに生きていけばいいのではないだろうか。
僕が思うにお金をおえば追うほど自分に負荷というものがかかってしまうし、
幸せからは遠ざかって行ってしまう。
そして
お金を追わずに承認欲求をすべて捨て去れば高見を目指さないし、
他人なんてどうでもいいと思い、自分のペースで生きていける。
そう思うとお金に固執するって自分が思っている以上にくだらないことだなと思う。

スポンサーリンク



最後に、
月収200万だろうが、稼いだお金を貯金するために稼ぎ、自分の時間を犠牲にするなら
月収20万で節約して自分の時間をつくって暮らしたほうが幸せだと思う。
世の中のエリートといわれる人たちは誰かに認められたいという承認欲求を満たすために
血眼になって働いている。
それでは幸せにはなれないし、あいつよりは上だとか承認欲求とかどうでもいいことしか満たされない。
そんな欲求を満たしてもストレスは絶対にたまっていくだろうし、100害あって一利なしだろう。
一番大切なのは周りを一切気にしないということではないだろうかと思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク