なぜ人脈を広げる意味がないのか?

なぜ人脈を広げる意味がないのか?

人脈とは相手とそれなりの信頼がないとる変えないからである

自分のことしか考えずに行動するやつの人脈がいるかいらないかということにおいてはいらないが正解

自分を犠牲にしてでも無償であいてになにかをしようと思う人の人脈はすごい重要

私利私欲のことで自分以外をおとしめて遣ろうという人の人脈は不要

人脈で必要なのは信頼関係である。

どんなに凄い人と人脈があっても

すごい人との信頼関係がなければ無駄に終わる

人間というのは信頼つまり好きではない人には手助けをしたいとおもわないからだ

僕自身も信頼できる人脈はすくない。

信頼できない人脈はおおい。

だから深い人脈をつくるには損得抜きで人付き合いをする必要がある

無意味人脈をつくるつまり顔見知りだけという人脈である

名刺交換しただけの人になにかをしてあげようとも思わないし

自分のことを悪く言っていることを相手が知ってしまった場合はないほうがいい人脈である

友だちと人脈はすごい深いかかわりがある。

友だちも数より質であり人脈も数より質である。

すべてを質重視で物事を判断することが正解なんだとおもう

こんなことを書いたのはホリエモンツイッターで人脈についてかいてあったからなんだよね。

人脈っていいかたはあんまりすきではないなあ。友だちって言い方が一番しっくりする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク