グーグルで検索上位を取るために必要なこと。

グーグルで検索上位を取るために必要なこと。

ブログを書いているとなぜあのサイトは検索順位があがって
自分のブログの検索順位は上がらないのだろうと考えさせられることがある。
初心者はふと思うブログのデザインのせいで検索順位が上がらないのだろうかと。
初心者はここで思い切ってデザインを変えてみたのだが、検索順位は上がらない。
結局デザインは検索順位には一切関係ないのである。
個人的にはデザインを気にしていろいろ手を入れすぎると
ブログ自体がシンプルじゃなくなっていき、逆に見にくくなって逆効果だと思う。

最近SEO業者が内部対策ツールを400万くらいで販売しているが、
内部をどれだけいじろうが、コンテンツが糞で被リンクがあつまっていなければ
上位表示なんてものはできない。
グーグルのアルゴリズムが重視しているのは被リンクとコンテンツのみだからだ。
検索上位に来ているサイトのすべてがコンテンツがいいか被リンクが優れているかのどちらかである。

だいぶ前に被リンク対策で行き詰っていた時に内部対策云々の記事をよんで
実践したが、まったくというほど成果なんて出なかったし、h1タグを使えば
上位表示できるということがよく言われているけれど、
被リンクさえ集まればそんなもんなくても上位表示できている。

内部対策で上位表示できれば誰も苦労しないだろうし、
ブログで稼ぐのが超楽勝と感じるだろうけど、
現実はそうではないから結構厳しかったりするわけだ。

被リンクは悪という記事を読んでいいたいことがある。

被リンクは悪じゃないしないと上位表示なんてできない。
グーグル=リンクなんだから。
現にはてなブックマークでバズるだけで
上位表示できているということははてな関連の被リンクに効果があるということを示しているし、
被リンクに効果があるということが自明の事実なのは間違いないことだ。

被リンクが終わったといってリンクを集めることを辞めてしまえば、
被リンクをどんどん集めることができるプロアフィリエイターの人に負けてしまい、
上位表示なんて夢の夢に終わってしまう。
なので絶対に被リンク対策は悪だという記事をよんで、
被リンク対策なんていらないんだとは思わないほうがいい。

豊富なコンテンツ+適度な被リンクが最強

全ての記事をバズらせることなんてなかなかできることではないので、
被リンクが足りないのをコンテンツで補う必要が出てくる。
多少被リンクが少なくてもコンテンツ量を増やせば一か月後ぐらいに
一気に順位がのびてくることがある。
逆に被リンクがついていてもコンテンツ量がすくなければ、
上位表示できなかったりするので、
コンテンツに力を入れることはとても大事なことだったりする。

最近も被リンクが少ししかついていない記事が文字数6000字かいたら
一か月あとに急に順位を上げて検索一桁まで上がっていたし、
コンテンツがとても大切なんだなと身をもって知ることができた。
しかし3000字くらいから書くことがしんどくなってくるので、
文字数を増やすのにも根気がいるし、根性もいるので大変すぎるだろと。

ブログでバズると検索順位が跳ね上がる。

ブログでバズるとははてなブックマークで100ブックマ以上を獲得することだと僕は思っている。
たいてい100ブックマあつめた記事はバズル前は検索圏外であっても
バズった後は検索20位に入っていることが多い。
其のあと検索順位が一遍落ちて、それからコンテンツの質が時間をかけてグーグルに見られて
順位がまた上がっていくというのがよくある流れだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク