被リンクの効果について

被リンクの効果について
ブログとかサイト運営しているとアクセス数増加のために被リンク対策が必要になってくる。
今回は被リンクを増やすとどのように検索順位が上昇するのかについて書いていきたい。

ある記事がバズって被リンクがついたらその記事がグーグルに評価されて検索順位が上昇する。
そこでブログに人気が出てほかの記事がバズればほかの記事の検索順位は上昇する。
そうやって記事がバズって行くうちにドメインがグーグルに評価されていき、
ドメインオーソリティの数字もアップすることで、
被リンクがついていない記事もドメインが評価されているということで上位表示される。
いうなれば被リンクがついていないうちにいくらサイトを更新しても検索上位は望めない。
なので最初はいかにバズるかを意識した記事作りをしたほうがいいだろう。

被リンク対策をしないで記事を量産すると、すべての記事の検索順位がずっと低空飛行なので
記事をかいてもかいてもアクセスがこないという悲惨な状況を引き起こしてしまう。
そうなりたくないのなら多少頭を使ってどうやったら被リンクがもらえるのだろうと
考えるべきだったりする。

最近被リンクよりもコンテンツの質が大切といわれているが、
質も大事だけれど、リンクもいまだに評価基準になっているという現実がある。
コンテンツをさぼれば上位表示できないし、リンク対策も怠れば上位表示できない。
なので両方やらないといけない時代突入してしまったので、
作業量が増えて大変な時代になってしまったんだなと思うことが多い。

どうしたらアクセスを増やせるかってとてもシンプルで
はてなブックマークで毎回バズってフェイスブックで拡散してツイッターで拡散して
拡散されたおかげで被リンクがつく。
その流れを生み出せればどんなサイトでも伸びることが可能である。

初心者ブロガーは大手企業が運営しているバイラルメディアがなぜ伸びていったのかを
しっかりと研究して実践することで効果がでるだろうね。
そして
バイラルメディアでアクセス稼いでいるサイトの共通点は
記事数が多い、フェイスブックはてなブックマークでバズっている。
文字数が12000字くらいあるという3種の神器がそろっている。
3種の神器の一つでも欠けるとサイトが伸びるというのは厳しくなってしまうので、
バズを意識しすぎずにコンテンツに意識を向けることも忘れてはいけない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク