人気ブログが叩かれる理由。

人気ブログが叩かれる理由。

はてなブログで人気があるブログほどつまらないと思ってしまう。
はてなは読者数が増えてきてそれなりにファンが増えれば
糞みたいな記事でも簡単にはてなブックマークがついてバズってしまう。
こんな感想文でも新着エントリーに入ってしまうんだから、
手抜き記事でもいいやと思い、
人気ブロガーはクソ記事を量産しようとする。
簡単にバズれてしまうからこそ起こる悪循環ではないのかなと
僕は思っている。
あと、はてなブログは人気ブロガーほど、つまらなくなっているし
人気ブロガー=はてなブックマークが多いブロガーで
いい情報を発信しているブロガーではないからだ。
そして人気ブロガーは自分のドメインが強いということを知っているから
少ない文字数で上位表示できるということを体験してしまっている。
そういう体験をすると、
人間というものは常に楽をしたいという欲望がでてきてしまい、
真剣にブログを書かなくなり、常に手抜きをしてしまう。

最近散るろぐという人気ブログを読んで思ったのは、
記事に対して手抜きしすぎだし、あのブログ読むなら、
グーグルで検索上位にきているサイト読んだほうがいいんじゃないのかと。
僕がブロガーというものにがっかりするのは、
サイトが成長すると記事を手抜きするやつが多いということだし、
ユーザーの役に立つ情報を書き続けてくれるブロガーが少ない。

上記の例にもっとも当てはまるのがイケダハヤト氏だろう。
彼のドメインのオーソリティーは55ほどあるので、
基本的に40超えたら結構強い方だと思ってもらうといい。
それほどのドメインがあると感想文レベルの記事でも
検索一桁にきてしまうことがある。
それを読んでも基本的には役に立たないし、
読んだあとに時間の無駄だったなと思ってしまう。

個人的にいい情報を手に入れたいなら
検索2ページ目まで読んだほうがいいと思う。
検索1ページにあってもコンテンツがあまりよくないものが多いし、
まとめサイトが検索1ページ目に表示されているせいで
自分のほしい情報にたどりつけなかったりするからだ。

結局、検索上位にきているサイトはドメインが強いサイトなだけであって
自分の求めている情報ではないことが多いので、
せっかく訪れたサイトが感想文だった時のがっかり感が
人気ブロガーに対する怒りに変わって叩いてしまうという感じでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク