働いたら偉いという価値観

働いたら偉いという価値観

私の家族もそうなのだが、働いたら偉いという価値観に支配されている。
無職=恥ずべき存在であると思っているようだけど、
所詮職アリといっても雇われの身であり、
自分で何かを作り出したすごい人なわけではなく、
会社にいいように使われるだけの奴隷だったりする。
ほんとに自分が働いて苦労しているから働けというやつは鬱病になって苦しめばいい。
社会で鬱という病気が蔓延しているが、好きで働いて鬱になったくせに
自分は不幸だ、社会が悪いというやつは頭がおかしい。
働いたら偉い、すごいとう価値観に支配されて働いて、
働くという夢をかなえたというのに、いざたくさん労働させると
辛い、死にたいとかいうとか、なめているのかという話になる。

ワタミに入って2か月で自殺しタ奴にもいいたいのだけど
自分が好きでワタミに入社して働きたいから働いているのに、
いざ会社が、あなたの働きたいという夢をかなえるために
大量の労働というプレゼントをしたのに、
苦しいとかいって自殺するとかなにを考えているのか謎である。

基本労働に必死になる人は働いたら偉いと認められたくて働いているのだから、
労働=好きなことをしているはずなのに、
いざ働きすぎると勝手に鬱病になって自殺する。

ようは働きたくないなら自分の意思に嘘をつかないではたらかなければいいだけなのに。
自分に嘘をつきつづけてかこくな労働をするとかバカなのとおもってしまう。

よく働いたら偉いと思っている人が吐くセリフは、
働かないと食っていけないから働いていると胸を張っていうが、
べつに会社で働かなくても
自分で事業を作って自分のペースで仕事をしても食っていけるわけで。
なんか狭い価値観の中で生きているなと思ってしまう。

私も家族に働いていないということを恥ずかしく思わないのかといわれるが、
働かないで毎日遊んで暮らすのが私のやりたいことなので恥ずかしくない。
それを恥じていては私のやりたいことが一切達成できない。
だから定職につかないのに、決めつけられても困る。

最後にニートは本当に勝ち組だと思うよ。
ニートの人の夢は偉くなりたいとかじゃなくて毎日遊んで暮らしたいなのだから。
かれらは欲望に忠実で自分の夢をかなえるためにあえて働いていないのだから。
仕事をしろといわれて働いた時点で彼らの夢は破たんしてしまう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク