モテない僕が女性に振られた時のエピソードを書いていこう。

モテない僕が女性に振られた時のエピソードを書いていこう。

高校生のときに予備校に通っていて、かわいい子に一目ぼれして
塾の帰りに話しかけたのだけど、
そのとき、うまいこと会話のキャッチボールがつづき、
いけるかと思っていたら、
その日以来、避けられてしまい、帰り会うこともなかった。
そしてネットで高校生ホムペが流行っていた時なので、
私を避けた女がホームページでこいつのせいで、
あえて遠回りして帰っているからほんとうざいという
書き込みを見つけてしまい、
ああ、女性というのは気に入らないことがあったら
SNSで悪口を書き倒したりするから
邪悪な生き物なんだなとその時感じてしまった。
腹が立ってコメントを残したら記事にカギをつけられてしまった。
多分、私はその女にぼろくそいわれているだろうし、
そいつの友達にもめちゃくちゃ悪口いわれていると思ったら
一気に体調が悪くなってしまった。

ここから3年あと小学校の同級生で好きだった子と再会し、
むかしからすきだったと告白してふられてしまい、
其のあと2回くらい告白してもダメで、
一年間くらい音信普通をぶちかまされてしまい、
当然ラインもブロックされてしまった。
そして一年後くらいにラインの画面を見たら
中学の同級生の奴と付き合っている写真をみてしまい、
私は3日くらい軽く立ち直れなかった。
その男はクラシック好きで以前友達がクラシックにいけなくなったから
一緒に行こうと好きだった子にさそわれたのだけど、
その男がその友達だとすると、おれはいいようにもてあそばれているんじゃないのかという
怒りが込み上げてきたし、俺をどんぞこに突き落とした男のために
チケット買ってやるとか頭おかしいんじゃないのか俺と思い、
ほんとにいまでも許せないという気持ちがあった出来事であった。

そして私は新たな恋がしたいと思い、大学で可愛い子と絡みにいって
運よくうまくいったのだが、2か月くらいいっしょにいて、結構遊んだのだが、
急に返事が返ってこなくなりブロックにぶち込まれてしまった。
そして過去を清算しようと思い、その女もラインから削除した。

小学校のとき好きだった女はその彼氏と別れてからさみしいのかしらないけど
俺と会おうとかいいだして俺なんてさみしいときに相手する代用品みたいな
存在なのかとおもったが、まだ好きなのでまた会ってしまうということをしてしまった。

あれだけOOが大好きとかいっていたのに別れるとか、
相手のことを軽んじすぎだし相手の男ももうすぐOOの夫になるといっていたのに
別れるとかどんだけ情にうすいんだよ。
好きになったという感情を薄く扱いすぎだし、とっとと結婚してくれた方がいいと思う。
そうすれば未練もたってライン削除に踏み切れるのだから。

わたしは付き合えもしない女に誕生日プレゼントをあげてほんとにバカだと思う。
こいつを幸せにしたいとかおもっていたけど、それは俺の役割ではなく彼氏の役割だし、幸せにするという役割を持った彼氏でさえも簡単に捨てられてしまってほんとに無残だなとおもい、
尽くしすぎるのはよくないよなというのを感じたわけですよ。

僕自身、まだ連絡をとれば付き合えるのかもしれないと思っているが、
諦めて新しい恋をしていったほうがいいと思い始めている。

正直自分を都合いい人間として見る女ではなくて、
自分を大切にしてくれる女性と出会いたいなと思う。

自分が好きという気持ちも大切だけど、相手が自分を好きになってくれて
自分を大切にしてくれて尽くしてくれる女性が一番だよなって。
最近は本当にそう思ってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク