亜人5巻を読んだ感想。

亜人5巻を読んで思ったこと。
描写はとてもハイレベルで、絵力においては優れていますが、
魅力的なあらすじでもなく魅力的なキャラクターも皆無になっており、。
だらだら話を引き延ばしている感じがぬぐえない漫画になってしまっているかなと。、
これからただただグダグダ感が半端なくなっていくならもう読まなくてもいいかなと思ってしまいます。
基本的に出現するキャラクターが何を思っているのかも一切予測できないですし
キャラクターに思い入れを持つこともできないのでいまいち引き込まれない。。
ピークは一巻であり、どんどんつまらなくなってしまった作品。
3巻をこえてからどんどん人間を倒す亜人すげえだろ漫画になっていってつまらなくなってしまった。
ストーリーはどこがおもしろいのか正直理解すらできなくなってしまった。
キャラに魅力なんて存在せず、惰性で読んでいる感が半端なくなってきています。

あまりにも魅力的なキャラクターもいないし読む気が失せた
ストーリーが薄っぺらいしこれは完結しないかもしれない。
危険人物であって殺さなければいけない対象であっても、敵をみのがしたり、、
主人公が他者のキャッシュカードをつかうという犯罪行為をおかしてしまったり、
正義の味方である主人公なにやってんだよww。
設定にちょっと無理な面がありすぎるのでうーんとおもってしまう。

それなりに話もいい感じに進んでいますが、
原作者が外れてしまい、原作者の思いもひきつがれることなく話が続いていますし、
無駄に戦争ぽい雰囲気になってきているのでなんだかなあとは思いますが、
亜人キャラクターも魅力的なキャラがいない。
あと女の子があまり出てこない。。。
作者に不満ありありです。。
みんながわすれたころに終わっている漫画かな。。

亜人を仲間にいれるために捕獲しているのにいつの間にか人間VS亜人という構図になっているし
もう少し仲良くするために人間側に譲歩するという選択肢が一切存在していないというのは残念。
個人的には亜人と人間が協力して世界と戦う的なほうが面白い漫画だとおもいますが。
なんかいまいちよいう言葉が似合う漫画ではないのかとおもい、日々読んでいますが。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク