関根理沙が専業youtuberにならない理由について書いていく。

関根理沙が専業youtuberにならない理由について書いていく。

関根理沙というyoutubeで月20マンくらい稼いでいるyoutuberという人がいる。
普通に考えたら20マン稼げるなら仕事なんてとっととやめてyoutuberになればいいんじゃないのかと。
しかしyoutuberはいつも見てくれている人に飽きられてみられなくなれば
再生回数も稼げずに露頭に迷うことになることだってありうる。
だから看護婦と兼業でyoutubeをやっているのかなと思う。
このブログは始めたばかりだけど、他のブログでの収益をみると
基本的に調子のいい時はかなり儲かるけど調子が悪いときつまり単価が低いと稼げなくなってしまう。
いかなる人気youtuberでも単価が下がれば死活問題になってしまう。
そういうところまでしっかり考えてyoutuberに動画投稿をしているのはさすがだなと。
ブロガーも然りで50万くらい月稼げれば仕事を辞めてもいいと思う。
単価が半分のときでも月20マンかせげてしまうのだから。
ブログとyoutubeも同じ考えで運用していくというのがいいと思う。
youtubeは基本的に経費が一円もかからないすべて利益のビジネスだから
利益率はブログよりもいい。
そう考えるとyoutubeで儲けている人って相当安定しているビジネスをやっている。
ここでいう安定とは借金をいっさいしないということ。
稼げなくなるリスクはどのビジネスよりも大きいのがyoutubeだけど
関根理沙の動画は若くてかわいいから見ている人がほとんどだろうし
歳をとってババアになったら誰も見なくなってしまうだろう。
基本的に女性配信者のほとんどがそういう運命をたどることになってしまうだろう。
そういう未来を予見して本業の看護婦をやめないのが関根理沙なのではないか。
看護婦を基本的に不足しているし医療にかかわる分野だから絶対なくなることもない。
だけどyoutuberは人気がなくなるだけで終了してしまう。
参入している業界が違うとうだけでこんだけ安定に差がでてしまうのは怖いことだろう。
正直、結婚して仕事を辞めるという選択肢をとったら専業youtuberになるだろうけど
それそれで人生の勝ち組の生き方ではないのかなとぼくは思ったりするので
女性に関して言えば結婚すること限定で専業youtuberでもいいのかなとは思いますが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク