亜人 アニメ3話 感想とネタバレ。

亜人3話のあらすじ

亜人であるケイは警察から追われておりカイといっしょに逃亡していた。

厚生労働省の戸崎はケイの母に「息子が亜人だとわかった今、どういう気持ちか?」と質問した。

母は「まさか、人間じゃなかったなんて」とはつげんしてしまう。。

せっかく母親のところまできたのにケイの情報を一つもつかめずに無駄足に終わってしまう。。

2人の乗ったバイクに並走してくるバイクに押されて崖に転落してしまった。

大量の血を流したカイは死んでしまったかのようにおもわれたが、

カイは死んではおらず、死んでしまったふりをしていただけであった。

足が折れたケイは自らの首を斬り一度死ぬことにより、再び生き返り、足を回復させるということに成功。

カイは普通の人間でただの高校生であるから亜人である自分の問題に巻き込まないようにしたいとおもっていた。
ケイは自分が亜人であるということがどれだけ周りから注目されるという事実を身をもって体験して
自分が何者であるかを気にしない場所に行きたいと思っていた。

しかし亜人に対してなんの関心もない人間なんてこの世にはそんざいしないのである。

だからこそケイは一人で生きていくということを決意し他者に迷惑をかけないということを決断。
カイはケイと別れを決断したことでケイとは二度と会わないようにした。

下村いずみという女は、ケイの妹の病室にお見舞いにきていた。

そして系の妹からケイが昔病室から幽霊がでるといっていたという話を聞いた。

黒い影の正体をシロウトケイの妹に黒い影についてのことを聞いていたところ、

黒い影に襲撃されてしまう。

そして病院の外には黒い影を操っていたとされる田中という男がいた。

亜人3話の感想

亜人というアニメははじめはとても苦手だったけどいまでは見るのも結構へいきになってきた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク