僕だけがいない街で登場する藤沼 悟について。

 僕だけがいない街で登場する藤沼 悟について。

声優については満島真之介が29才の悟役の声を演じており、

土屋太鳳さんが10歳の悟の声を演じている。

1977年3月2日生まれであり、 2006年5月のときには29歳である。

漫画家を志して夢をおいながらアルバイトをしていたのだが、なかなかうまくいくこともなく、苦戦をしていた。そして人間関係もあまりうまくいっていない。

友達もいない。

リバイバルという過去に起こった出来事をかえることができる特別な力をもっている。

普段は短い時間に限定して未来をさかのぼっていたが、

母親の死がひきがねになり、1988年と2006年という時代を何度も行ったり帰ったりしているようである。

1988年において悟が通っていた小学校は市立美琴小学校であり、担任は八代学である。

2回目のリバイバルで過去にタイムスリップするも八代学の策略にまんまとはまってしまい、植物人間になってしまう。

悟に関する個人的な見解

悟はリバイバルしてえたものは母親の命を復活させることに成功したのだけどその代償に記憶と15年という時間植物人間でいたので時間をうしなってしまった。そうとらえるとなにかをかなえようとするとなにかしら代償をしはらわなければならないのだろう。悟には幸せになってもらいたいと思うけれど、八代が悪巧みをしているので悟はその悪巧みにはまらないでほしいなというのが率直なかんそうですかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク