僕だけがいない街に登場する白鳥 潤について

僕だけがいない街に登場する白鳥 潤について

1988年における悟の相談相手であり、良きお兄さんであり友人であった。

軽度の吃音症を患っているが、仕事したり日常生活を送っていくうえでは何の問題もない。

朝4時から父親が経営している弁当屋さんで仕事をしており、周りからは無職におもわれていたようだが、結構まじめに仕事をしていた人である。

昼を過ぎているころから公園をぶらついたりするのが日課である。

 

リバイバルを体験する前の悟からはプーたろうで毎日遊んでいる暇な人と思われていた。

1988年の誘拐殺人の犯人として冤罪をかけられてしまい、死刑判決を下されてしまった不幸な人。真犯人は八代学である。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク