ニートと世間体。

ニートと世間体。

f:id:akihiro5:20160411123450p:plain
ニートになると世間体というものがすごく気になり、
働いていない自分に生きている価値なんてないんじゃないかと思ったり、
何も辛いことがないというのにもがき苦しみ、地を這いずり回る。
そして親には毎日働けと追い詰められて、
親戚にはなぜ働かないんだ。とっとと働けと責め立てられる。
そういうスパイラルにはまると毎日が自由であっても、
親と親戚からのプレッシャーで毎日心が真っ白の状態で生きるのは不可能。
と個人的にニートの時に体験した親親戚からのプレッシャーの一連の流れについて書かせていただきました。

ニートだから負い目とか感じる必要はない。

だれだってニートになることが当たり前。
新卒で就職してこの会社あわないわあとおもってやめたら即刻ニートなわけで、
そういう現実が自分にもあったということを働き始めたら皆忘れてしまい、
今の俺はニートとは違う、働いている俺様は偉いんだと思い始め、
ニートを見下し、バカにしてしまうのというメンタリティーを持ってしまう。
そしてブラック企業に入社しうまいこと洗脳されるとこういうのだ。
鬱病は甘え、おれは一日13時間働いて年間休日50日切っているけど
楽しく働いているぞと。
でもそれって自分が洗脳されてしまい、遊びの楽しさを忘れてしまった奴隷の言葉でしかない。
世の中には仕事が何よりも嫌いで毎日遊んで暮らしたいという人もいるわけで、
そんな人が一日13時間働いて休みが50日切ったら、生きていても楽しいと思わないのです。
つまり社畜とは何でも自分ベースで考えるやつらなのです。
そんな固定観念に縛られ自分ベースで生きているやつらの働けというたわごとは聞く意味などない。
いま仕事を辞めたいならとっととやめて遊べばいいし、
今やりたいことがあるならやりたいことをかなえるためにすぐに行動すればいい。
他人なんてどうでもいいから今自分がどう生きたいかをすぐに形にしていこう。
形にしようとおもったらだれしもが一度会社をやめてニートになるのだから。
逆に一度もニートになったことがないやつは、一度もリスクをとって
挑戦しようとしたこともないやつなわけで一生成功することもないし、
一生会社に飼育されつづけていくのだ。
そしてそんな彼らの生きがいは俺は働いているから偉いと思い、
時に働いてないやつを見つけ、夢なんかおってないでとっとと就職して働け。
なんで就職しないの?とニートに対してプレッシャーをかますことである。
要するに自分より下だという存在を見つけ、働かないのかといって優越感に浸りたいのだろう。
そういう人間ばかりだから日本は生きづらいし、
自分の価値感がすべて他人の価値観を認めないから、
無職はゴミ、ニートはゴミと思い、職を失っただけで
自ら命を絶ってしまう人が後をたたないのだ。

ニートだからできること。

ニートだからできることはやっぱり世間体を一切気にしないで本名で行動できること。
会社に縛られてないので本名でツイッターもできるしブログもできるしユーチューブで動画投稿もできる。
上記のブログ、ユーチューブで自分の名前を売ることでどんどん有名になっていき、
知名度をお金に換えることも容易にできるようになるのだ。
ニートで有名になって生計を立てている人もニコ生、ユーチューブ、ブログ界には多くいる。
そういう例もあるのでニートになったからやばいと悲観するのではなく、
ブログ、ユーチューブ、ニコ生をやってみてどんどん有名になって
知名度をお金に変えていき、自分にしかできない生き方をしていこう。
他人が働いているからおれも働かないといけないのではないくて、
俺は働きたくないからネットで飯を食っていくんだくらいの強い気持ちをもって
頑張っていこう。
そう考えると固定観念から解き放たれて、苦しい気持ちから逃れられるんだよね。
スポンサーリンク



最後に、
ニートになれば無限の可能性があるし、社畜時代の副業禁止規定に怯えることがないので、
何だってできる。
だからニートになったらなんでもできんだからもっと自分で金を生み出すために行動して
自分にしかできない働き方を模索していこう。
それが幸せへの第一歩だし自立への第一歩にもつながっていくのだから。
そして他人がどうとかこうとか考えるだけほんとに無駄。
他人だって自分の人生で精いっぱいで他人のこと考えている暇なんてほとんどないんだから。
たまにあったときに他人に自分のフラストレーションをぶつけているだけで
普段は仕事のことで頭がいっぱいでこころに余裕もない。
たいていはそんなもん。
だから友達に嫌われたくないから働くとか狭い思考回路なんてとっとすてて
やりたいことができたら仕事をやめてすぐに形にするってことが大事。
やりたいときにやるのが一番本気になれるし、成功しやすいし、
やろうかやらないか迷っている間に他のやつにやられて、チャンスを失いかねない。

www.anizm.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする