ブログの気楽さと匿名ブログの限界。

ブログの気楽さと匿名ブログの限界。

f:id:akihiro5:20160411123450p:plain
ブログでいい情報を届けようとか、読み手のためになることを書こうとするとすごい気が重くなる。
もっと自由に適当に自分の思ったことを素直に書くほうがいいんじゃないかなと思う。
だいちゃんのブログもそうだけど炎上するために創作記事まで書くのって大変だし、
自分の評判も落として、いいことなんてほとんどない。
だったら自分の日常、人生、リアルをもっと正直にブログに書いたほうが、
読者さんからしてもブログの書き手がどういう人かわかるし、
ブロガーもPV稼ぎのために書きたくない記事をかかなくてもいいから
ブログを書くのが楽しくなってくる。
いまさっきphaさんのブログをみていて思ったんだけど、
phaさんってブログにありのままの自分を出しているから
ブログを読むだけでどういう人なのかが伝わってくるし、
自分の伝えたいことをしっかりと書いているからつい読んでしまう。
ブログやっているとつい読者視点になりがちだけど、
自分の書きたいことを素直にかけるブログにしたい。

なんだかんだ本名を出している人のブログには説得力があるし引き付けられる。

最近ヤギログとかイケダハヤトさんの記事は中身がないけど
なんで人気なのかもわかったきがするんだよね。
両者ともブログを本名でやっているし、
会社という組織に属していないから言いたいことをどんどん言って
ブログに自分を出している。
そういうブログって本当に自分を発信している感じがして相手に共感しやすいから
また読もうという気持ちになりやすい。
言いたいことは自分を隠さずに
素直に言いたいこと言っているブログは魅力があるよねということ。
役に立つ記事を書いていても匿名ブログで素顔も人間性も出ていないブログだと
ブログの書き手に親近感をもてないし、とにかく謎の人が適当なこといってんなという風に思ってしまう。
たとえば、はてなの匿名ダイアリーの保育園日本死ねの人も匿名で自分の発言に責任をもたずに
書いた言葉でしかないから言葉に重みや説得力がないからいまいち思いが伝わってこない。
自分の発言で世論を動かしたいなら本名だしなよ。
そうしないと所詮匿名の一人言でしかないと思われてかたづけられてしまうよ。
スポンサーリンク



個人的な見解だけど、
保育園に日本死ねの人も日本の保育にそんなに不満があるなら
しっかり本名で発言して知名度を高めて
自分が政治家になって保育制度を変えてやるくらいの行動力があれば、
政治家に所詮匿名の書き込みとかたづけられることもなかっただろうね。
最後に、
匿名ブログだと説得力に欠けるし自分の言葉に責任を負っていないから
どれだけいい内容でも魅力が半減してしまうと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする