稚拙な文章云々。

稚拙な文章云々。

稚拙な文章だろうがなんだろうが、自由にブログを書けばいいと思うし、
思いついたことをつぎつぎと言葉にしていればおのずと稚拙な文章が完成する。
稚拙な文章じゃいけないとか考えてブログを書いていると、
本当に疲れるし疲労感も半端ないので
ブログを書くのが面倒くさい、辛いと感じ始めてしまい、
ブログを続けることができなくなる。
芸能人が毎日ブログを続けられているのも
稚拙な文章を書き倒し、
好き勝手なことを書いているからといっても過言ではないだろう。
僕が、ブログを長年見ていて感じるのは、
ほとんどのブログ記事は稚拙な文章だらけである。
アメーバブログなんて稚拙な文章を書くブロガーしかいない。
ライブドアブログも稚拙な文章を書くブロガーしかいない。
FC2ブログも稚拙な文章を書くブロガーしかいない。
はてなブログもトップブロガーくらいしかしっかりした文章を書かない。
はてなのトップブロガーでもたまに稚拙な文章を書くこともある。
ブロガーなんて小説家になれないやつがネットに文章かいて
ネットにゴミをばらまく程度の存在でしかないんだから。
そんな存在にプロ意識をもって稚拙な文章を書くんじゃないというのは
文章力がない人以外は
ブログを書くんじゃないといっていることと同意ではないのか。と思っちゃうんだよね。
後、ブログを書いていて大切なことって文章力じゃなくて、
だれもいままで書いていないことを書くことだと感じている。
文章がしっかりしている記事を書いていても
ネットにごろごろ転がっている内容の記事を書いたところで
バズることもないし、ツイッターやフェイスブックで拡散されることがなく終わってしまう。
バズらなければアクセスも集まらないので
ブロガー自身も記事を書くのをやめてしまい、ブログを引退するという道を選ぶ。
そういう道を選んだらブログで記事を書くこともなくなるし、
文章が稚拙とか云々とか関係なくなってしまう。
スポンサーリンク


最後に、
ブログで大切なのは文章力よりも自分が何を伝えたいのか何を書きたいのかを正直に書くことだと思う。
自分に嘘をつかずに書きたいことをかいていく。
それができれば、ブログを書いていても楽しいし、読み手からしても刺激がある記事だなと感じられる。
逆に炎上を恐れて思ったことも書かないで読者に媚ばかりふりまいている記事はつまらない。
本音をしっかり書いているサイトは今は炎上していなくてもいずれ炎上する未来がまってんだよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする